オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 陸屋根だった屋根にスレート瓦を葺き上げましたT様邸


大東市にお住いのT様より、当初は陸屋根の防水工事のご依頼がありました。
T様邸は今までに2回陸屋根の防水工事をされており、現在は雨漏りしてないがそろそろかな?と思いお問い合わせをくださいました。

現調にお伺いした際に、夏の炎天下では部屋が非常に暑いとご相談を頂きました。
点検後、防水工事ではサイクルが短くなり、先々費用がかかってしまうため、陸屋根に屋根をつけて瓦を葺いてみてはどうでしょうか?とご提案させて頂きました。ご検討の結果、契約いただきました。
今回はその工事事例をご紹介させて頂きます。
工事前(陸屋根)
着工前のお写真です。

現在雨漏りはしていないとの事でしたが、シート防水の亀裂浮きが確認できました。
いつ雨漏りしてもおかしくない状態です。
陸屋根上部の瓦一部解体
まず初めに、陸屋根上部の屋根瓦を一部解体していきます。
この位置から陸屋根全体を囲う屋根を作っていきます。
一度解体した屋根瓦は最後に使用させて頂きます。
雨水の落とし口を解体
T様邸はパラペット形状です、雨水を流す落とし口の解体作業しました。
新しい落とし口(排水溝)の作業に入ります。
ここは非常に大事な作業です。

パラペット形状・・屋根外周部に手すりや壁の事。
遮熱シートを貼ります
屋根の骨組みの前に既存陸屋根部に遮熱シート(エコルーフ)を貼り屋根の骨組み作業に入ります。
スタイロフォームで暑さ対策
桁、垂木取り付け工事
垂木と垂木の間にスタイロフォームを取り付けることで、夏の炎天下の時期遮熱効果がございます。
パラペット内側部分
パラペット内側の雨水を流す為、平行谷板金を取り付け工事の下地工事で、落とし口にはプライマー工事、屋根にはコンパネ(12㎜)を貼ります。屋根の形がだいぶできてきました。
ゴムアスルーフィング貼り 
次は、屋根の下葺き材(ゴムアスルーフィング)を貼っていきます。防水シートですのでここまでくると安心!
平行谷板金取り付け工事
平行谷板金の取り付け工事です。
酸性雨にも対応します、ガルバリウム鋼板を使用。
長尺物で設置せるため、一人で取り付けるには困難です
雨水がスムーズに流れるように上から下へ勾配をつけての作業になります。
落とし口を大きめに開口
雨水を流す落とし口を、以前より少し大きめに開口させて頂きました。

パラペット内側の壁にはコンパネを貼り、板金仕舞いさせて頂きます。
コロニアルクァッド葺上完成
葺上工事が完成です。

今回は勾配が緩勾配(かんこうばい)の為、スレート瓦・コロニアルクァッドという屋根材を使用しました。
お色は既存の屋根材とよく似たグリーン色をお選びいただきました。
これで先々防水工事での心配も無くなり、夏の暑さ対策にもなりました。
T様には、屋根全体が見違えるようになりありがとうございました。とお褒めのお言葉をいただきました。

弊社では、屋根の防水工事もしておりますが、こういった陸屋根を屋根瓦で葺き上げる工事もしております。
まずは、現場を見させていただき、最適な工事提案をさせて頂きますので、お困りの方はお気軽にお問い合わせください

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060