オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大きな入母屋屋根の漆喰やり替えの現場調査に伺いました。


大きな入母屋屋根(いりもややね)のお宅の屋根漆喰が気になるので、漆喰のやり替えの御見積をして欲しいとのご依頼を頂きまして現場調査に伺いました。
かなり大きな御屋敷で、漆喰の劣化も見られるのですが、北面の降棟などのノシ瓦などに凍害の割れなども見られ、その辺りの瓦の補修なども含めた調査をすることになりました。
立派な入母屋屋根です。
一文字軒瓦を使用した、立派な入母屋屋根です。

この一文字軒瓦を使用した入母屋は、京都から滋賀県にかけて良く見られ、屋根に使用される瓦でその地域、地域の特色があるのです。
最近ではそれも無くなり、全国統一仕様などになってきたので、地域文化が無くなっていくのは寂しい限りです。
本棟、降棟ともに立派です。
屋根にあがりますと、葺かれてからだいたい50年ほどということですが、まだまだしっかりとした佇まいの棟仕舞となっております。
隅棟の取合い部の漆喰が劣化しています。
隅棟(すみむね)と降棟(くだりむね)の取り合い箇所の漆喰が割れてます。このあたりは普段から雨が当たる箇所なので、劣化早くなるのです。
隅棟のトンネルが詰まっています。
北側の同じ隅棟と降棟の取り合い箇所は、漆喰などの破片が雨水が流れるトンネル部分を塞いでしまっていますこれでは、この部分に雨水が貯まって雨漏りを起こしてしまいます。
刻み袖瓦が割れています。
刻み袖瓦(きざみそでかわら)の垂れが割れています。
普通のこの妻部に使用される袖瓦より垂れが長く、幅も短い瓦になります。垂が長いことで妻部に重厚感が増し、幅を短くすることで、小割感をだして陰影を美しく仕上げる瓦なのですが、一枚一枚合端といって、削り合わせの加工をして取り付けて行くので、できる職人さんも少ない瓦なんです。
補修に普通袖瓦が使われてます
反対面の棟際が前の写真と同じように垂れが割れたのか、前に補修がされてあるのですが、大きさの違う普通袖瓦が使われていました。
その工事をした業者は、この瓦はもう無いと言われたそうです。いやいや、まだ有ります。。
多分、使ったことがないか、加工できないからそう言ったんでしょうね。。
北面の降棟のノシ瓦が割れています。
北面の降棟のノシ瓦が結構傷んでました。

凍害(いがい)というもので、瓦は水を少しですが吸うのですが、瓦が劣化してくると吸水率というのが上がり、冬場などに吸水した水分が気温が下がることで凍結膨張して表面を割ってしまう現象なんです。こうなれば、棟を一部解体して交換しなければなりません。
本棟には京箱冠瓦が使用されています。
本棟の面戸漆喰はそんなに悪くはないのですが、20年ほど何もしてなかったということなので、そろそろメンテナンスの時期になりますね。
本棟の冠瓦(かんむりかわら)には京箱(きょうばこ)と言われる箱のような大きな冠瓦が使われてます。
これも京都付近に多い棟仕舞で使用される瓦で、だから名前も「京箱(きょうばこ)」と呼ばれます。
このように、日本伝統の和型瓦には、いろんな形の部材があり、またそれらがその地域の文化を彩っているのも素晴らしいことです。
しかし、年々このような伝統的な屋根の家は老朽化から解体されることが多く、寂しい限りです。
日本古来の日本瓦は日本の気候、文化に根付いた発展をしてきた瓦なので、できることなら残して行きたいものですね。

伝統的には日本住宅、社寺仏閣等も屋根も40年の実績と経験の当社へ、御相談下さい!
街の屋根やさん大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

59cdd062cad016185e7b50f73b2212da

枚方市ですでに廃板になった積水屋根システム㈱が製造販売をしていた「セキスイかわらU」の屋根点検を行いました。この瓦は1970年に発売され2007年に廃板となった瓦なんですが、販売されて15年ぐらいはアスベストが含まれていましたが、しかし、段...........

和形シルバー瓦で葺かれています。

門真市の住宅で、不動産屋さんから空き家を購入して、売却する際に点検してると天井に雨染みみたいなものが見られたので、補修してほしいとのご依頼を頂きました。すでに30年以上経過している屋根なので、それなりに経年劣化があり、ズレなども見られました...........

よくある2階建てのハイツです。

枚方市の低層集合住宅、いわゆるハイツの屋根の点検を行いました。屋根はカラーベストが葺かれており、特に大きな問題はなかったのですが、ところどころに割れが見られ、その割れもコーキングで補修がされている状況でした。で、なんで割れたか、、、割れの箇...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060