オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 棟瓦の下の三日月型の漆喰の塗り替え工事を行いました。


寝屋川市で壁の塗り替え工事の行っているお宅の屋根のメンテナンスのご依頼を受け、釉薬日本瓦で30年以上経っているのですが、過去にもメンテナンスをきっちり行っているようで、大きなズレなどはなく、漆喰も鬼瓦廻りの漆喰は常時、雨に当たるのでかなり劣化しておりましたが、面戸漆喰はそこまで劣化はしておりませんでしたが、15年程経過されているとの事でしたので、そろそろ塗り替えの時期になるので、この部分の塗り替え工事を行わさせて頂きました。
面戸漆喰や鬼瓦廻りの漆喰が経年劣化しています。
工事前の屋根はこんな状態で、シルバー瓦に凍害なども見られませんし、大きなズレも見られません。鬼瓦廻りの漆喰は黒く劣化して、一部剥がれていますが、棟瓦下の三日月型の漆喰部分「面戸漆喰」はまだ白い状態でそこまで悪くはないのですが、前回のメンテナンスから15年以上経っているので、今後どこかで塗り替え時期がくるので早めに塗り替え工事をされるとういうことでした。
このように、早めのメンテナンスっていうのは結構大事で、何か破損などが起こってからでは遅い場合があり、メンテナンス費用も嵩む場合もありますので、早めの屋根点検、壁面工事のついでの屋根メンテナンスは重要なんです!
古くなった面戸漆喰はすべて剥がして行きます。
まずは、今塗られている面戸漆喰をすべて剥がして、棟の中の土が露出する状態にします。
これ結構重要で、これをせず古い漆喰の上から塗られる業者もありますが、そうすると下の古い漆喰が経年で剥がれてしまうと、せっかく新しく塗った漆喰も一緒に剥がれてしまうので、絶対に古い漆喰は剥がして、新しく塗らなければなりません。
古くなった面戸漆喰すべて剥がします。
その他の古い漆喰の上から塗ると、雨漏りを起こす可能性も高くなるのです。
なぜかというと、棟の平たい瓦と面戸漆喰は平たい瓦の方が多く漆喰よりはみ出していなければ、雨水が切れず棟内に雨水を呼び込んでしまいます。
それが大事なのに、漆喰をい上塗りすると、平たい瓦と漆喰が面一になってしまい、棟上から流れてきた雨水を棟内に呼び込んでしまい、雨漏りに繋がってしまうのです。
面戸漆喰の塗り替え工事が完了しました。
古い面戸漆喰を剥がしたら、新しい漆喰を練ってコテで塗りこんで行きます!
これ簡単そうで、なかなか難しい作業でなんです。
面戸漆喰が新しくなりました。
真っ白な面戸漆喰になると、屋根瓦が新しくなったような錯覚になりますね。
この面戸漆喰、これ自体は防水の役割はなく、棟内の葺土の保護と、化粧仕上げの意味合いが強いのです。
でも、これが剥がれると、棟の土が流れたりして棟の崩れや雨漏りに繋がる場合がある重要な役割をしているのです。
400年以上続いている工法なのです。
鬼瓦と丸瓦の接合部にコーキングを打ちます。
鬼瓦と棟瓦の接合部にコーキングを打ちます。
雨水の侵入防止と、鬼瓦固定強化の意味があります。
鬼瓦廻りの漆喰もキレイに塗り替えました。
コーキングを塗布して乾燥したら、裏から漆喰を巻きます。
この接合部からの雨水の侵入はごく微量なんですが、これも化粧の意味合いが強い作業になります。
日本瓦の場合、瓦自体はかなり長く持ち、30年~50年程度大丈夫なのですが、漆喰は15年程度で劣化してきますので、その漆喰のメンテナンスを定期的に行ってやれば、日本瓦は非常に長持ちし、最終的なランニングコストは安くつく場合があります。
ただ、地震が頻発する昨今では、その重さにより嫌煙されがちで残念なんですが、
日本の伝統、日本の風景を作ってきた1400年の歴史ある日本瓦ですので、できるかぎり長持ちさせてあげたいですね。
日本瓦のメンテナンスには、熟練の技術が必要で素人ではできません。

日本瓦のご相談は、熟練の瓦職人のいる「街の屋根やさん 大阪門真店」にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

枚方市 瓦屋根では定期的なメンテナンスが必要な漆喰の塗り替え

漆喰が剥がれて土が見えている
漆喰塗り替え完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市I様邸 屋根面戸漆喰・鬼廻りコーキング漆喰工事

漆喰施工前
完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
築31年
建坪
26坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

守口市長屋調査

和瓦の屋根ですが、全体的に傷んでいて、経年劣化を起こしていました。瓦の表面が風化していて雨などの水が浸透しやすくなっています。

台風で2fの瓦が落ちてきて割れたので、防水シールを貼って養生しています。

大東市の大きなお宅で、一昨年の台風21号の時に、2Fの桟瓦の一部が飛散してしまい、その飛散した瓦が下屋根に当たって割れた瓦の補修を見て欲しいと依頼され、現場確認したところ、割れたり、欠損した瓦は桟瓦のみで比較的簡易に補修できる部分ばかりで、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060