オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高槻市|台風21号被害でモニエル瓦と樋が破損、交換工事を行いました。


前回のブログで台風21号でお向かいの家のカラーベストが強風で飛散して、このお宅のカラーベストを割ってしまい、その瓦の交換工事のブログを紹介しましたが、今回はそのお宅のこれも同じくカラーベストが飛散して来て当たって破損した樋の交換工事をご紹介いたします。


竪樋のエルボ付近が割れております。
まずは竪樋の曲がり部分が割れてしまってますね。これでは集水器で受けた雨水がすべて竪樋を流れず、この割れ目から落ちてしまいますね。
割れた竪樋部分をカットします。
割れた竪樋部分を壁側のところから切りました。この間を新しい樋を使用して繋ぎます。
エルボ、継手などを接続します。
エルボ(曲がり部分の部材)、たて継手などを使用して、竪樋を寸法にカットして、樋用の接着材で取り付けます。
これで、竪樋部分は完成です。
軒先の瓦と一緒に樋も割れています。
続いては割れた軒樋を部分的に交換します。しかし、どのように当たったらこのような割れ方をするのか色々と考えてしまいます、、、台風の風というのは想像もつかないですね。。
この軒樋は東洋化成というメーカーの樋だったのですが、いまでは東洋化成ではなくデンカ(株)さんから発売されております。品名などは変わってなく「クリアールCR105」という樋で、現在でも販売してましたので交換できますが、古いものでは廃番になっているものもありますので、その場合は軒樋すべて交換というこになってしまいます。
軒樋をカットします。
まずは割れた部分を長めに取ってパイプ鋸で軒樋をカットします。
両側をカットして軒樋を外します。
両側をパイプ鋸でカットして外してしまいます。金具はそのまま使用します。もし廃番になって別の樋を使用する場合はこの金具も外して、新しい樋専用のものに打ち替えなくてはなりませんので、よりコストが掛かってしまいますよね。
接着剤が付くように拭いてキレイにします。
切り取った間に新しい軒樋を寸法でカットして金具に取り付けます。繫ぎ目には、軒継手という部材を接着材で取り付けますので、古い樋部分の接着材が付くところはきれいに拭き取って接着剤が付くようにします。これをしないで汚れたまま取り付けますと、この部分から雨水が漏る可能性がありますので、継手部分は慎重に取り付けます。
軒継手を取り付けて完成です。
軒継手を取付、古い樋と新しい樋の部分を接続して完成になります。
やっぱ新しい樋との色の違いは目立ってしまいますが、これは仕方ないですね。。
当社では、瓦や板金の屋根工事だけではなく、樋工事も多く行っておりますので
樋から雨が落ちてくる、樋が割れているなどの、心配事がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

高槻市 台風21号で破損した雨樋の補修工事を行いました

竪樋のエルボ付近が割れております。
エルボ、継手などを接続します。
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

東大阪市カラーベストのカバー工法でリッジウェイを葺きました。

カラーベスト 古い
リッジウェイ カバー工法
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
リッジウェイ
築年数
25年
建坪
48坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

高槻市 台風21号で破損した雨樋の補修工事を行いました

竪樋のエルボ付近が割れております。
エルボ、継手などを接続します。
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

高槻市 MFシルキーで屋根のカバー工事/換気棟も取り付けましたK様邸

高槻市 屋根カバー工事
高槻市 屋根のカバー工事が完成しました
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
福泉工業MFシルキー
築年数
23年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

銅製の樋ですので、梯子を掛ける時は慎重にしなければ凹んでしまいます。

交野市の閑静な住宅街に建つ、立派ないぶし瓦の和風建築のお宅で、築も40年以上経つとのことで家も古くなってきましたし、瓦も昨年の台風で飛散したしたりして、今後の災害などでの被害などが心配なのと、屋根の重量的なことも心配されており軽い屋根材での...........

母屋の裏側の小屋の屋根の改修依頼です。

枚方市の山合の集落に建つお宅の、離れといいますか、昔の家は水回りを別の建物に集約していることが多く、母屋は建て替えられましたが、この建物はその頃から残っているもので、現在は物置として使用されているとのことでした。屋根はいぶし瓦で、状態はかな...........

下屋根にもガルテクトを葺上げ、壁際の仕舞をします。

大阪市西成区の住宅密集地の元は連棟長屋だと思われる平屋のシングル材が葺かれた屋根に、ガルバリウム鋼板製屋根材のスーパーガルテクトをカバー工法で工事致しました。前回のブログで、下葺、スーパーガルテクトの葺上工事までご紹介しましたが、今回はそ以...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060