オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

枚方市|和型瓦屋根の点検でお伺いしましたが、ソーラーが、、、、


枚方市のお宅から屋根から瓦の破片が落ちてきたので、メンテナンスしなければならないのか点検して欲しいとのご依頼を受け、屋根にあがりますと落ちたのは壁際の端瓦で、そんなに大きな問題ではなかったのですが、2階屋根に上がると少し問題がありました。
まずは瓦が落ちてきた下屋根部分を点検です。
まずは正面がわにある、瓦が落ちてきたという下屋根を点検します。全体的には大きな問題はないようです。が、壁際のノシ瓦の一部が無いようです。
壁際のノシ瓦の端瓦が欠損しています。
良く見ると、壁際のノシ瓦の2段目の端瓦がなくなっています。落ちてきたのはこの部分の瓦のようです。
この部分は上のノシ瓦と、下のノシ瓦とで挟み込んでいるだけなので、経年で葺土などが痩せたりすると隙間が出来たりして外れたりすることがよくあります。
続いて2階部分の調査をします。
続いて、2階の北面の点検です。
平部のズレはないですし、面戸漆喰もこちら面は剥がれてないようです。
反対側の南面にはソーラーが。
反対の南面には太陽光発電が設置してありました。
7年ほどまえに取付られたそうで、その当時ですと売電価格も1KW、40円台でその当時に契約した方は良かったとおもいます。
ただ、この太陽光発電装置を設置する時にある事をしないと、何年かすると問題が発生するのです、、
ソーラー面の面戸漆喰は劣化で剥がれています。
ソーラー面の面戸漆喰を見ますと、、面戸漆喰に剥がれが見られます。
これは経年による劣化によるもので、日本瓦などの面戸漆喰は10年~15年で塗り替えが必要になるのです。
これを怠ると棟の漆喰の下の土が削られて、棟瓦の崩れや雨漏りに繋がったりしますので、このメンテナンスは日本瓦には必須でして、これをしてると日本瓦は30年以上持ちますのでランニングコスト的に優れているのです。

ただ、この屋根の面には太陽光発電装置(ソーラー)が設置されています。
しかも、、棟際ギリギリまでで設置がされております。
この面戸漆喰を塗り替えるには作業スペースがいるのですが、このソーラーのおかげで棟からの作業スペースがなく工事ができないのです、、、
高価なソーラーの上に乗って作業も出来ないですし、したとしてもガラスの上ですから滑りますので危険です。。

本来ならば、このソーラーを設置する前にキッチリの屋根瓦のメンテナンスをしてから設置しないといけないのですが、
ソーラー販売会社や設置会社などでは、瓦のメンテナンスを加味しない業者も多くいたことも事実です。

一時ほどのソーラーブームは無くなりましたが、その当時にずさんなソーラー設置工事されたせいで、
雨漏りや、屋根メンテナンス時に余計な出費などが掛かる例が多数見受けられます。

これから屋根面にソーラーを設置される場合は、まず屋根のメンテナスをしてから設置するようにすることが大事です。

当社では、このようなソーラー設置に関するご相談も受けしておりますので、お気軽お問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市カーポート

カーポートの屋根が破損しているのでお見積りをお願いしたいとお問い合わせをいただき、調査を行わせていただきました。こちらがカーポートの屋根です。ポリカーボネート材の折板の屋根になります。駐車場自体が広く屋根も大きめに作られていました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060