オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

交野市で2階は和瓦屋根で、1階は瓦棒の屋根の点検を行いました。


2階は和瓦、1階は瓦棒です。
2階は和瓦釉薬瓦で、1階は瓦棒(板金屋根)の屋根になっています。玄関までの道が狭く、軽自動車も入ることができないですね。
瓦棒屋根は塗装が色褪せてます。
1階瓦棒部分ですが、表面の塗膜は経年で色褪せてしまっていますね。一部、錆びなども見られますから再塗装などが必要になります。
谷部付近は錆びが目立ちます。
谷部付近は錆びが多くみられます。2階からの立樋も谷部に流すようになっていますので、軒先の樋まで引っ張ってやる方が屋根の為には良いですね。
2階の和瓦屋根です。
2階の和瓦屋根です。こちらは南面になりますので、凍て割れを起こした瓦などみ見られず、平部は問題ありません。
北面は凍て割れの瓦が見られます
北面は桟瓦の側面などが割れて赤い瓦地が見えてる瓦が見られます。これは凍て割れですね。冬場瓦が吸水した水分が凍結膨張して表面を割る現象で、古い瓦で北面などの日が当たりにくい面によく見られます。
谷板金が錆びて、漆喰の剥がれも見られます。
谷板金はかなり錆びていますね。これだけ錆びますと穴あきの心配もありますので、板金の交換が必要になります。
また、谷部の瓦と谷板金の隙間に詰めてある漆喰も剥がれてきていますね。
棟際の桟瓦が割れています。
棟際の桟瓦が割れていますね。これは凍て割れより、踏み割れのようです。谷部に軒瓦が置いてありましたので、過去に補修などするときになったかもしれません。
ケラバ部の袖瓦がズレています。
ケラバ部の袖瓦がズレて、野地が剥き出しになっています。これでは雨が瓦下に入ってしまいますが、軒やケラバ部には張りだした部分があるので、そこから雨が外に出て、家内には漏っていないようです。
谷部の先の袖瓦がズレています。
谷板金の先に掛かっている袖瓦が外れてズレてしまっていますね。下に谷板があるので、雨漏りはしないですが、この瓦が谷部の雨水の流れを悪くし、ゴミや汚れなどが堆積して雨漏りを起こす可能性もあります。
棟の面戸漆喰も経年劣化してますね。
棟の面戸漆喰も一部剥がれたりして、経年劣化してる箇所がみられますね。ノシ瓦にもカケがみられます。
2階の和型屋根は結構傷んでおり、経年によるズレ、凍て割れ、袖瓦のズレなどがみられ瓦本体もかなり古くなってきており、葺替工事の時期に来ていますね。1階の瓦棒屋根は、上から塗装をすれば大丈夫ですね。樋はかなり弱くなってきてますので、これも交換した方がいいですね。

このように、屋根点検をすることによって、どのようにメンテナンスすればいいかわかりますので、そろそろ屋根が傷んできたかも、、、と感じましたら是非当店に屋根点検のご依頼をお願いします!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060