オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 ソーラー設置後の瓦のメンテナンスは大変!


寝屋川市の和形釉薬瓦のシルバー瓦で葺かれたお宅の屋根点検を行いました。
家が建築されてからずっと同じ屋根瓦ですので、約30年以上が経過している状態です。
と、ごく普通にある物件なのですが、しかしこのお宅には屋根上に太陽光発電のソーラーが設置されていたのでした。
シルバーの和形瓦のお宅になります。
和形シルバー瓦で葺かれた、切妻屋根です。
平部の瓦自体は、大きなずれもなく良好な状態です。
片面はほぼ全面ソーラーが設置されております。
反対側の南面には、ほぼ全面に太陽光発電のソーラーパネルが設置されております。
面戸漆喰が劣化しております。
棟の瓦のズレ等もなく、状態は悪くはないのですが面戸漆喰はさすがに経年により劣化しているようです。
鬼瓦回りの漆喰も無くなってしまっています。
鬼瓦回りの漆喰も欠損しており、全くなくなっている状態です。
ソーラー側の面戸漆喰が剥がれてしまっています。
ソーラー側の面戸漆喰も劣化して一部剥がれているようです。このまま放置していますと、中の葺土が雨水で削られて棟瓦の崩れや、雨漏りに繋がる場合があります。
こちらも塗り直しの工事が必要になります。
ソーラー側の面戸漆喰を塗り替えるは難しいですね。
しかし、この棟の面戸漆喰を塗り直す工事をしたいのですが、この面にはソーラーパネルが棟際まで設置されているので、作業するスペースがないのです、、、
ソーラーパネルの上にのるのは、滑りますし高価なものですので、破損したりすると困りますのでできません。
そうすると、一旦パネルを外しての工事になってしまうので、費用もかかりますよね。

ソーラーパネルを設置する場合、まず屋根のメンテナンスを完璧にしてから設置しなければ、ソーラーパネルを設置してから2~3年で屋根のメンテナスの為に、一旦外さなければならない、場合によっては瓦などの葺替工事もしなくてはなれない場合が、ソーラーパネルと取り付けるアングルが瓦によって違うため、新たにアングルを購入して設置する費用を負担しなければならないんです。
ソーラー取り付けの際に、そのような説明がされないまま経年した屋根にソーラーパネルを設置した方は、残念ながら要注意ですね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市I様邸 屋根面戸漆喰・鬼廻りコーキング漆喰工事

漆喰施工前
完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
築31年
建坪
26坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

面戸漆喰が剥がれています。

大阪市鶴見区で「いぶし瓦」で葺かれた入母屋屋根のお宅の、漆喰の塗り替え工事をさせて頂きました。「いぶし瓦」自体は1400年前から使用されており、我が国の気候風土に適合し、社寺仏閣などをみてもわかるように夏は暑く、冬は寒い日本においても非常に...........

寝屋川市壁際解体

まずは、壁際部分の解体を行いました。昔ながらの屋根なのでしっかりと土が盛られていました。入母屋部分の屋根と壁際のし部分がぶつかる所で雨水が下に落ちるように板金を入れるのですが長さが足りていませんでした。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060