オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大阪市鶴見区 築50年以上の屋根瓦の点検、間違った漆喰工事だらけです!


大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多いため、梯子の掛ける位置に苦慮しましたが、裏側のバルコニーから上がれるとのことで、そこから上がらせていただくと、かなり酷い状態で、瓦はズレまくっており、雨漏りの緊急対応として雨が屋根にかからないようにシートを貼っている状態でした。
屋根シートが掛かった状態です。
裏のバルコニーから屋根に上がりました、手前の屋根は波板鋼板で葺かれてあり、そんなに古くもないのですが、ブルーシートが掛けられておりました。しかし、上部がズレたのか外れているので、雨がシート下に入ってしまうので、あまり意味はないと思われます。
この波板鋼板部分の確認もしましたが、ここは問題ありませんでした。
棟際のシートは朽ちてしまっています。
瓦屋根部分に上ってみますと、多分この棟部分にもブルーシートを掛けていたのでしょうが、完全に朽ちて千切れてしまっていますね。銀色の紫外線に耐候性のあるシートはさすがに強いです。
このように、棟部分がシートが掛かってない状態ですと、雨水はすべてシート下に流れますので、意味がないですね。
耐候性のある銀のシートを棟に掛ければよかったと思われるのですが、、
ブルーシートは剥がれています。
ブルーシートは表側の面に乗っていました。棟の冠瓦を取り直したのか、しかし漆喰を多めに置いてしまっているので、浮き上がってしまってますね。これではかえって漆喰が雨水を吸って雨漏りに繋がってしまいます。
瓦職人なら、こんな工事はしないので、過去に素人が補修をしたんでしょうね。
棟瓦に漆喰がべったり
棟の面戸漆喰部分に、漆喰が棟瓦からはみ出すように塗られています。漆喰は剥がれていたから塗ったんでしょうけど、これだけはみ出ると、左の写真の状態と同じで、棟瓦を当たって流れる雨を漆喰が全部受けてしまう形になるので、かえって雨漏りに繋がってしまうのです。
今回の雨漏りもこの部分からの雨漏りのようです。
棟の漆喰を近くで見るとこんな感じ
面戸漆喰の部分を近くで撮影すると、こんな感じです。ただべっとり塗って固めただけですよね。
漆喰自体には防水性はなく、化粧仕上げの意味と、土の保護の為にぬるので、このような工事は意味がなく、雨漏りを助長させるだけの工事になります。
棟の冠瓦も凍害で割れています。
瓦の状態もかなり悪く、葺かれてから50年近く経っているので、割れや凍害の瓦などが見られます。
写真の冠瓦の割れも凍害によるものです。
凍害とは経年劣化の一種で、瓦が古くなってくると吸水率があがり、雨などで瓦に含んだ水分が冬季の気温低下でなどで凍結膨張して、瓦を割ってしまう現象です。
棟下の瓦もズレています。
棟下の瓦もかなりのズレがあり、割れている箇所も多数みられました。コーキングで補修がされておりますが、この状態まできたら、もう補修では難しいでしょうね。
桟瓦の側面にも漆喰が塗られております。
ブルーシート下の桟瓦部分も点検します。さすがに50年以上経っておりますので、全体的にズレがみられます。
瓦下の葺土の劣化によるズレ、躯体の収縮による浮陸、瓦の経年による捻じれなどで桟瓦の重なり目などが開いてくるのですが、そこに漆喰を詰める工事を行っておりますが、これも上記に書いたことと同じで漆喰は雨水を吸うので、これもかえって雨漏りに繋がる、悪い工事になります。
50年以上経過した屋根瓦ですので、現状では葺替工事のタイミングではあるのですが、それまでにメンテナンスで行われた工事が、非常に宜しくないですね。この工事は瓦職人ではなく、素人が漆喰を詰めただけの工事で、その工事によってどのように雨水が流れて、雨漏りを防ぎ、屋根を長持ちさせるか全く考えてない工事です。
しかし、一般の方はこうやって漆喰を塗られて、隙間などを塞いでくれたら、ちゃんと工事してもらった気になってしまいますよね。
そこを悪徳業者はつけこんでくるのです。
やはり、工事は実績のある、専門の業者に依頼するのが一番だと思いますので、
「街の屋根やさん 大阪門真店」は屋根一筋46年の実績がありますので、
少しでも気になることがございましたら、お気軽にお問合せ下さい!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和形シルバー瓦で葺かれています。

門真市の住宅で、不動産屋さんから空き家を購入して、売却する際に点検してると天井に雨染みみたいなものが見られたので、補修してほしいとのご依頼を頂きました。すでに30年以上経過している屋根なので、それなりに経年劣化があり、ズレなども見られました...........

よくある2階建てのハイツです。

枚方市の低層集合住宅、いわゆるハイツの屋根の点検を行いました。屋根はカラーベストが葺かれており、特に大きな問題はなかったのですが、ところどころに割れが見られ、その割れもコーキングで補修がされている状況でした。で、なんで割れたか、、、割れの箇...........

棟部部のシングルもヒビ割れが見られます。

枚方市でRC(コンクリート造り)の住宅の屋根点検を行いました。RC造りなので、屋根の野地もコンクリートですので、釘で留めつけるのはかなりの労力と費用がかかりますので、この住宅の屋根も例にもれずアスファルト系のシングル材が葺かれております。シ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060