オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 某ハウスメーカー製のお宅の陶器瓦の屋根点検をしました。


大東市で某ハウスメーカーのお宅の屋根点検をさせて頂きました。この瓦はこのメーカー専用の瓦で、坪53枚使用する瓦で、「セピア」という瓦なんです。形状違うけど、和形瓦と同じ枚数を使用する瓦なんですね。土などを使用しないで、桟木に引っ掛けて釘留め、棟も土を使用せずに漆喰やモルタルなどで仕舞をします。現在では、完全乾式工法になり、棟面戸シートなどを使用したりします。
梯子を掛けて屋根に上ります。
かなり大きなお宅で、2階屋根と下屋根が大きな、黒いセピア瓦が使用されたお宅です。
雨の合間を縫って、梯子をかけて屋根に上がりました。
屋根面にはソーラーが設置されています。
屋根面には後付けのソーラーパネルが設置してあります。京セラのソーラーのようです。
ソーラーを取り付けるとき瓦に穴を空けて取り付けている場合がありますが、これはハウスメーカーが取り付けた金具でちゃんと 取り付けがしてありました。
棟の面戸漆喰がセメント
平部の桟瓦は割れも、ズレもなく問題ありません。
棟瓦部分も、面戸部分をみると漆喰ではなく荒い表面になっておりますので、モルタルで仕上げてあるようです。
こちらも、モルタルを土うえに塗ってる訳ではなく、棟の心木の木材にモルタル全体を巻き付けているので、剥がれる心配はなく、問題ありません。
下屋根廻りも問題ありません。
下屋根も割れ、ズレ等なく問題ありませんでした。
昨年の台風21号などで、自分とこの瓦が飛散してなくても、どこから飛んできた飛来物で割れを起こしている場合もあるので、一見なんの問題がなくても、屋根点検をすることをお勧めします。
このお宅は、なんの問題もありませんでしたので、工事の必要もありませんでした。

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市壁際解体

まずは、壁際部分の解体を行いました。昔ながらの屋根なのでしっかりと土が盛られていました。入母屋部分の屋根と壁際のし部分がぶつかる所で雨水が下に落ちるように板金を入れるのですが長さが足りていませんでした。

寝屋川市入母屋屋根袖

1階の仏間からの雨漏りという事で、外側の屋根を見てみました。全体的に瓦の寿命がきていて所々割れているのが見受けられました。

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060