オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市 ノンアスベストのカラーベスト系屋根材の割れの応急補修をしました。


スレート系の屋根材は、20年以上のものには素材のセメントにアスベストを混入して強度を出していたのですが、法改正でアスベストが禁止になり、各社「ノンアスベスト」のスレート系屋根材を販売しました。
それから、20数年、、、アスベストが入っていないスレート系屋根材は経年劣化によって割れなどが多発するようになり、屋根材としての寿命を迎えつつあります。
このお客様のお宅も、ノンアスベストのスレート系屋根材で、あちらこちらで割れが見られます。
しかし、この割れによって雨漏りを起こしているわけではなく、割れた破片などが心配なので、交換補修を依頼されました。
無数の割れを起こしています。
しかし、ここまで割れてしまうと交換するにもかなりの枚数が必要ですし、この屋根材も廃番になっておりもう無いのが実情です。
ここまで来ると、数枚の交換をしてもまたその他の部分がダメになるので、今回はコーキングで簡易補修をして、今後はカバー工事などを行う方向でご提案をさせて頂きました。
縦割れ部にコーキングで補修します。
縦割れを起こしている箇所にコーキングを塗ります。屋根材が緑なので、目立たないように緑のコーキングを使用しています。
カケて欠損している箇所もあります。
端部がカケて欠損している部分もあります。この程度の割れでは雨漏りを起こすことはありません。
破片が残っている場合はそのままくっつけます。
破片が残っている場合は、それを合わせてコーキングで留め付けます。
破片をコーキングで留めます。
コーキングで留め付けた写真です。あまり雨仕舞に問題がある場合ではないので、見た目での補修になります。
本来なら、このようなコーキングのみの補修工事は行わないのですが、このノンアスベストのスレートの場合、ほぼ葺替工事かカバーが基本になるので、今回は応急処置として行わさせて頂きました。

このように、様々な法律改正などの狭間で販売された屋根材は、運悪く長持ちしないものもありますので、葺かれたから20年ほど経った、スレート系屋根材(カラーベストなど)は一度点検をされることをお勧めします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

枚方市谷雨漏り

玄関上にある銅板で出来ている屋根と瓦の屋根との境目にある谷部分付近で雨漏りがしているとの事で谷部の補修とその付近の瓦を積みなおしていく工事です。

枚方市屋根調査

以前調査を行ってから日にちが経ってからの補修でしたのでもう一度現場調査を行ってからの補修になりました。時間が経つにつれて屋根の傷み方も変わっていきます。大幅に変わってしまうと料金も変わってしまいますのでお見積りには期限があります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060