オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守口市 ベランダの波板屋根の張り替え見積り調査、屋根の漆喰も詰め直し時期です。


守口市の方より、ベランダの波板屋根の張り替えのお見積りがほしいとお問い合わせを頂きまして、後日調査に伺いました。
今回の調査は前もってご承諾をいただき、部屋内からベランダに上がらせていただき調査を行いました。

波板屋根はほぼすべてかがれたり割れてしまっており屋根がない状態でした。平屋の2階部分にベランダがあり屋根も見ることが出来ましたので釉薬瓦の屋根を確認しますと、棟の漆喰が黒ずみひび割れがありメンテナンス時期でしたので、漆喰の詰め直しも合わせてご提案いたしました。


波板屋根は今の新築では使われていない屋根ですが、まだまだたくさん使用されている建物はたくさんあります。漆喰のメンテナンス時期も含め、同じトラブルを抱えている方も多いかと思いますので、是非ご参考ください。

守口市 波板被害状況
守口市 波板被害状況
まずは波板屋根の状況です。
屋根は台風で飛んでしまったのか、ほとんどなくなってしまっていました。劣化もありパキパキに割れてしまっています。この波板屋根はアルミの土台にフックで固定されていますが、フックも落ち散らばってしまっていました。

壁面についている波板は飛散していなかったため、今回は屋根部分のみお見積りする予定です。

こちらのお住まいは建物の奥側にベランダがありベランダ側はすぐ裏の建物があるため、工事の際は直接ベランダに梯子をかけることが出来ません。工事を行うときには玄関側から梯子をかけて、写真にうつる釉薬瓦の屋根を渡っての作業になると思います。

お客様には前もってその旨を説明をし、ご相談させていただきましたところ、
「工事を行わない屋根に上がられるのは不安」とお声を頂きました。

確かに、別のトラブルがおきて雨漏り・・・なんてことがあったらと不安になる部分ですよね。弊社では、工事の際に瓦上を歩くことで万が一瓦割れ等を起こした場合は責任をもって交換させていただくことをご説明したところ安心・ご納得いただけました。こういったご不安なご意見などもしっかりご対応させていただきます。


守口市 シルバーの和瓦屋根
守口市 棟面戸漆喰の劣化状態
守口市 面戸漆喰の劣化状態
守口市 屋根漆喰経年劣化
守口市 鬼瓦廻り漆喰の経年劣化
次は漆喰の状態です。
ベランダから瓦屋根も確認することができ、見渡すと棟の漆喰と鬼瓦廻りの漆喰が黒ずみ、ひびが見られました。剥がれているわけではないので、最優先ではないでしょうが、メンテナンス時期です。
放置し剥がれ落ちてしまうと、雨漏りの原因の1つとなります。

漆喰は葺き土を保護する役目と、屋根の美観を保つ役目があります。漆喰だけに限りませんが、雨漏りトラブルが起きる前にメンテナンスし建物を守ることが一番です。お客様には写真で漆喰の状態をご確認いただき、合わせて工事を行うこともご提案させていただきました。


後日御見積書を提出し、工事ご依頼頂けました。工事内容もまたご紹介いたします。
小さな補修工事も葺き替えなどの改修工事も街の屋根やさんにお任せください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


街の屋根やさん大阪門真店

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市I様邸 屋根面戸漆喰・鬼廻りコーキング漆喰工事

漆喰施工前
完了
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
築31年
建坪
26坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

守口市 屋根の天辺、棟包み板金の取り替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
約31万円(足場費用省く)
施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

守口市 凹んだ庇の板金を取り替える工事をご紹介致します

板金庇に凹みができてしまっています
板金庇施工完了全景
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

面戸漆喰が剥がれています。

大阪市鶴見区で「いぶし瓦」で葺かれた入母屋屋根のお宅の、漆喰の塗り替え工事をさせて頂きました。「いぶし瓦」自体は1400年前から使用されており、我が国の気候風土に適合し、社寺仏閣などをみてもわかるように夏は暑く、冬は寒い日本においても非常に...........

寝屋川市壁際解体

まずは、壁際部分の解体を行いました。昔ながらの屋根なのでしっかりと土が盛られていました。入母屋部分の屋根と壁際のし部分がぶつかる所で雨水が下に落ちるように板金を入れるのですが長さが足りていませんでした。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060