寝屋川市の文化住宅(集合住宅)の屋根調査を行いました。


寝屋川市の文化住宅の屋根調査のご依頼を受けました。築40年以上ということで、瓦の劣化もきになるし、昨年の台風21号で被害もでてるようなので、ということで大家さんからご依頼を頂きましたので、調査してまいりました。

寝屋川市文化住宅の屋根
この当時流行った、青い和形瓦、青緑瓦で葺かれた文化住宅です。この当時、大阪では2階建てのテラスハウスのような集合住宅を文化住宅と呼ぶのですが、この青いモダンな瓦が葺かれたことにより、欧米チックな文化の香りがする家ということで、文化住宅と呼ばれたという説もあるくらい、文化住宅にはこの青緑瓦がよく葺かれています。
この瓦も、すでに40年以上この家を守ってきたのですが、やはり劣化やズレ等が多くみられることは否めません。
そろそろ、葺替の時期に来ているようです。
のし瓦がズレています。
棟のノシ瓦がズレてしまってますね。
棟のノシ瓦が脱落しています。
おなじく、こちらは完全ズレて落ちかけてしまっていますね。
右袖瓦が外に押し出されています。
右袖瓦が押し出されてしまっていますね。平部の桟瓦がズレてきているために、押し出されてしまうんですね。これは、経年による葺土の劣化によるものだと思われます。
左袖瓦が一枚飛散しています。
左側の袖瓦が一枚ズレて軒先で止まっており、桟瓦も押されたように歪んでおります。これは昨年の台風21号による強風で押されてなったものと思われます。
面戸漆喰が劣化で剥がれてます。
棟の面戸漆喰は、至る所で剥がれており、このままにしますと雨で葺土が削られて雨漏りや、棟の崩れにつながりますので、塗り直しなど工事が必要になります。
もう年数もかなり経ちますし、建物の老朽化に屋根の重さなども、課題になってきますので、瓦をメクッって、下地コンパネ工事を行って、軽い軽量瓦や鋼板屋根材にすることをお勧めします。
その方が安心ですもんね。。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

大東市屋根全体

お客様から、瓦が数枚割れているとの事で調査依頼がありました。大屋根の全体部分ですが、台風にもしっかりと耐えて比較的にキレイなままでした。破損していた箇所は、袖瓦部分、棟瓦部分です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060