現場ブログ


S型瓦

2018.2.28

高槻市にお住まいの方より、屋根の調査依頼を受けお伺い致しました。こちらの屋根はS型瓦を使用されています。洋風なデザインです。名の通りアルファベットの『S』の形ですが、Sはスパニッシュ瓦(スペイン瓦)の『S』が由来です。スパニッシュ瓦はヨーロ...........

地葺き

2018.2.28

先日までに瓦が葺けるように瓦桟を打ちました。(先日の工事: 門真市 日本瓦葺き替え工事の段取り工事(下地準備)をしました。)本日は瓦を屋根の上に荷揚げ機を使ってあげまして、瓦を葺いていきました。日本瓦は縦と横の大きさが決まっていま...........

棟板金・貫板を解体しました

2018.2.27

四條畷市にお住いのK様よりお問い合わせを頂きました。築年数もたっているとのことで、屋根の葺き替えをご希望でした。K様邸はカラーベストで葺かれていましたので、金属屋根材カレッセでカバー工法(既存の屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく工法)を...........

降り鬼落下・箱雁振ズレ

2018.2.26

門真市にお住いのO様より、自宅の屋根の鬼瓦が落ちてきたので見に来てほしいとお電話があり、お伺いいたしました。現地到着後、O様いわく、築年数も古く今までにメンテナンスもしてこなかったとの事でした。現在は雨漏りしていないがいきなり瓦が落ちてきて...........

下地張り

2018.2.26

昨日までに既存の瓦をめくってシート養生していましたので本日は下地貼りから始めます。(前日記事:門真市 雨漏りをしている日本瓦を葺き替え工事、解体作業を行いました)構造用合板(コンパネ)を張ることにより耐震の補強にもなります。以前は瓦の下に屋...........

セキスイかわらU

2018.2.24

東大阪市にお住まいの方より屋根点検のご依頼を頂きました。今はもうなくなってしまったセキスイかわらUという屋根材の屋根です。セキスイかわらUは見た目は焼き瓦(日本瓦)とデザインが似ていますが、日本瓦のデザインに似せたセメントを圧縮して作られて...........

猫が入るからネットを貼っています

2018.2.24

門真市にお住いのT様より、屋根に猫が入るので困っています。とお問い合わせがありましたので、お伺いしました。この箇所から猫が入るらしく、ネットを張られていました。しかし猫はこのネットも上手にくぐって入っていきます。この箇所には、ネットを処分し...........

毛細管現象

2018.2.23

門真市のお客様より、雨漏りがするので見に来てほしいとご相談があり、現地調査を行わせていただきました。青緑色の日本瓦で瓦自体はきれいで割れ等は見当たりませんでしたが、経年の為棟の勾配が無くなってきていたり、瓦の間に埃がたまった状態になっていま...........

雨漏りで垂れてきた天井板

2018.2.23

昨年の10月ごろ、台風や長雨で雨漏りが起きてお問合せをいただきました。そのころに調査に寄せて頂いた際、雨漏りが起きていた玄関の天井板はだるんと垂れ下がってしまって、雨がやんでもポタポタと雨漏りがしていました。原因は使われていないベランダの防...........

瓦棒屋根

2018.2.22

瓦棒と立平は見た目は似ています。縦に1本板を葺いていくのも同じです。施工の違いは、瓦棒は1本1本の間に芯木がありその木材にブリキをかしめ固定してました。立平は芯木がなく、板金同士がバチンとはまり込む作りになってます。一度はめると外れない作り...........

棟解体

2018.2.21

この七寸丸瓦での棟葺き替え工事は、前回のようにのし瓦も積まない1本の作りになるので棟からの水の侵入の恐れがへります。強力棟金具使用、土も使わない仕上がりになるので、強風にも揺れにも強く安心できる作りになります。今後のメンテナンスもしやすくな...........

2F部分に寄棟タイプの雨避け庇です。

2018.2.21

枚方市のI様邸のベランダ上にあるアルミ製の庇屋根の塩ビ波板が、経年劣化で浮陸ができたり、反ったりしており、色もくすんできているので、交換して欲しいとのご依頼を頂きまして、今度は塩ビ製ではなくより耐候性の高く、強いポリカーボネート製の波板の貼...........

オレンジの和瓦

2018.2.20

四條畷市、棟から雨漏りが起きていた屋根です。長雨や横ぶりの雨が降らない限り部屋内に雨漏りをすることはないとのことでしたが、そのままにはできない為、お客様より工事のご依頼をいただきました。今回はこちらの棟を7寸丸瓦で棟の葺き替え工事を行います...........

下屋根本体工事

2018.2.20

大屋根(2階の屋根)が昨日までに完了していますので、今日は下屋根(1階の屋根)の工事をしていきました。お客さまの家は四角い家に対して3面に屋根がついていました。大屋根と違い下屋根は壁があるので、壁周りの板金の施工が必要になります。途中の写真...........

工事前カラーベスト(石綿スレート瓦)

2018.2.19

築22年のお家にお住いのA様より、ネット検索し、屋根重ね葺き(カバー工事)のご依頼がありました。現状の屋根の確認を行いますので、日程調整後お伺いいたしました。A様邸はスレート屋根ですが、アスベストが含まれている石綿スレート瓦で葺かれていまし...........