ケイミューROOGA施工管理者認定証を更新しました。


ROOGA施工管理者認定書

ケイミュー(株)のROOGAの施工管理者認定書が届きました。
10年前に発売されたROOGA、施工管理者として10年目を迎え、多くの屋根にROOGAを施工して参りましたが、10年で更新ということで新しい施工管理者認定書とIDカードが届いたわけです。

このROOGAという瓦、基本的にはこの施工管理者がいる屋根屋さんじゃないと、施工することをメーカーが認めておりません。
ちゃんと、製品の概要、施工法を理解した方がいるお店じゃないとお客様も不安ですもんね。

屋根材メーカーとして、クボタ鉄鋼と松下電工が共同出資して作った会社が(株)クボタ松下電工外装で、それがKMEW(株)となり、いまはカタカナでケイミュー(株)となった会社で、日本では最大の屋根材、外装材メーカーです。
ここが生産、販売する「ROOGA」は、基本はコンクリート瓦なのですが、中に気泡をたくさん設けて、その気泡に樹脂膜をはって、水の侵入と劣化を防ぐ従来の瓦と同じ厚みながら、軽量を実現した瓦なんです。
ルーガ雅
ROOGAには、和風な趣の「雅」(みやび)と、
ルーガ鉄平
重厚感ある石調の「鉄平」(てっぺい)がありまして、家のデザイン、お好みによって選ぶことができます。
ROOGA雅高棟仕様

屋根を軽量にしたいので、見た目をあきらめてスレート瓦とか鋼鈑屋根材にされる方も多いと思いますが、このROOGAなら重厚感にある意匠を保て、また地域の景観を崩すことなく日本の住宅の伝統美を残すこともできますね。

ROOGAへの葺替工事は、認定施工管理者のいる「街の屋根やさん 大阪門真店」にお任せ下さい。


ROOGAを使用した施工事例はこちら

寝屋川市で古くなった和型のいぶし瓦を、軽量瓦のROOGA雅に葺き替え工事を行いました。

守口市で和瓦屋根から軽量瓦・ROOGA雅に葺き替え工事を行いました。


ROOGAで工事を行いましたブログはこちら

交野市で日本瓦から軽量のルーガ雅に葺き替えました。

守口市 和瓦からROOGA雅に葺き替え工事が完工しましたM様邸


大阪門真店いちおしコラム