ゲリラ豪雨や台風対策に屋根点検をしておきましょう


突然くるゲリラ豪雨台風などの自然災害により、屋根材の飛散・飛んできた物による屋根材の破損突然の雨漏り!なんてことがよくあります。事前に準備し、台風シーズンを安全安心で過ごしましょう。

雨もりは大切なお家をいためる赤信号 早期発見・早期治療をおすすめします!
屋根材の破損状況
1.屋根材【瓦(かわら)・スレート・金属】が破損していないか?
割れていたり、欠けているようでしたら、強風により飛散してしまいます。ズレが生じていたら雨漏りの原因になります。また、金属屋根の場合、錆(サビ)や浮きもまた飛散や雨漏りが心配ですね。
先日の大雨強風で棟板金めくれた
2.棟板金(むねばんきん)が浮いていないか?
台風の後、1番被害の多い箇所がこの棟板金です。棟(むね)とは屋根の一番高い位置で、屋根で一番重要な箇所と言っても過言ではないでしょう。板金を固定している釘が緩み、強風や豪雨により板金が変形したり、飛散してしまったというお問い合わせも多いです。
漆喰の剥がれ
3.瓦屋根では漆喰(しっくい)が剥がれていないか
棟瓦(むねがわら)を固定しているのが漆喰です。漆喰が剥がれていると、瓦が動いてしまいズレてしまう→雨漏りの原因に。その際瓦同士が擦れ合い、割れや欠けに繋がることもあります。
竪樋が完全に割れてしまっています。
4.雨樋(あまどい)はしっかり固定されている?
暴風で雨樋が飛んでしまわないように事前にチェックしておき、緩んでいたら修理をしておいた方がいいでしょう。また、落葉やゴミで溢れかえってないですか?排水がうまくいかないと雨水がお家に入ってきてしまうことも
やはり、定期的なメンテナンスが必須です

強風により屋根材が飛散してしまうと、ご自宅だけでなく他人を傷つけてしまうこともございます。
事があってからでは遅すぎます!この記事をお読みいただいた方はぜひ一度、台風対策を考えてみてください。

瓦が大きくずれていないかどうかなど、地面からの目視確認まではお客様自身で可能ですが
屋根の上にのぼるのは非常に危険ですので、絶対にしないでくださいね。
屋根専門のスタッフにお任せください。

こちらのコラムも併せて御覧ください!

【街の屋根やさん 大阪門真店】では、現状確認、お見積り・ご提案を無料でさせていただきます。
お気軽にお問合せください 0120-198-060