瓦屋根を全面新しい瓦にやり替える、葺き替え工事の事例をご紹介


屋根に瓦を取り付けていくことを、葺く(ふく)といいます。
既存の屋根瓦をすべて捲り、新しい屋根瓦を葺いていくことを葺き替えると言います。

ここでは、瓦屋根の葺き替え工事の過去の事例をご紹介いたします。
和風なデザインや、洋風でおしゃれな瓦など、さまざまな屋根に変身しているのでよろしければご覧ください

瓦から葺き替え工事


いぶし瓦からいぶし瓦に葺き替え工事を行いました。
before1
工事前(和型いぶし瓦)
horizontal
after1
和型いぶし瓦完工写真
現場ブログはこちら

こちらのリフォーム工事を行ったお客様は、近年の台風や自然災害などを考え、築38年もたつし家を見直そうと屋根点検のご依頼があったのがきっかけで葺き替え工事を行いました。屋根瓦は今までと同様のいぶし瓦をご希望でしたので、以前と変わらない和風で素敵な屋根に仕上がりました。
いぶし瓦コラム(粘土瓦のいぶし瓦

釉薬瓦からROOGA雅に葺き替え工事を行いました。
before1
瓦現状
horizontal
after1
完成写真2
現場ブログはこちら

こちらは青緑(せいろく)色の屋根でしたが、ラバー工事が原因で雨漏りを起こしていました。瓦と瓦の継ぎ目にコーキングを塗る工法なのですが、これをするとコーキングが切れてそこから雨水が入ると逃げ道がなくなるの雨漏りが発生してしまいます。割れにくく軽量瓦であるROOGA雅という瓦で葺き替え工事を行いました。

いぶし瓦からリッジウェイに葺き替え工事を行いました。
before1
和型でズレた谷部分
horizontal
after1
リッジウェイの谷部は板金の露出もなくスッキリ!
現場ブログはこちら

こちらのお家は築40年たち、漆喰の剥がれやズレ等発生していました。瓦自体も寿命でしたので補修工事ではサイクルが早くなり細かな費用がかかってしまうため葺き替え工事を行う事となりました。和風な印象を残し、グラデーションが高級感を演出してくれます。
リッジウェイについて詳しくはこちらをご覧ください。

釉薬瓦からスレート瓦に葺き替え工事を行いました。
before1
瓦現状
horizontal
after1
完成写真
現場ブログはこちら

カラーベストは、スレートやコロニアルなど呼び名がさまざまですがデザインやカラーバリエーションもたくさんあります。カラーベストは軽量で地震に強いです、また低価格で施工することができますので新築やリフォーム問わず数多く施工されている屋根材です。
屋根のリフォーム工事をお考えの方は数多く施工実績がある、街の屋根屋さん大阪門真店へご相談ください。
相談・お見積り完全無料ですお気軽にお問い合わせくださいませ。

雨漏りでお困りの方はこちらのコラムをご参考にどうぞ