いぶし瓦と釉薬瓦の違いをご説明していきます


和型瓦の、いぶし瓦と釉薬瓦(ゆうやくがわら)の違いについてご説明いたします。

形は同じでも、製法が少し異なり見た目や質感が変わっています。

いぶし瓦とは

粘土瓦いぶしの屋根写真
いぶし瓦で葺かれた屋根です。
いぶし瓦は炭素膜でこのようなお色になっています。
全体的にグレー、シルバー系統のお色で瓦を割ってみても中まで同じ色をしています。

いぶし瓦は素手で触ると油分がついて跡がついてしまいますので、瓦を移動する際や施工時には軍手などをして丁寧に扱う必要がございます。

いぶし瓦について詳しくはこちらのコラムもご参考にしてみてください。

釉薬瓦とは

粘土瓦釉薬の青い瓦屋根写真
釉薬瓦屋根調査
釉薬瓦は瓦が成形された後にウワグスリで色が付けられており青やオレンジ、黒や白などカラーバリエーションが豊富です。
街並みや外壁のお色に合わせてコーディネートを楽しんで頂くこともできます。
いぶし瓦とは違った光沢があるので釉薬瓦のシルバー色でも全くちがう発色をしています。

日本瓦は、重く地震で崩れているのを目にするので最近では敬遠されがちですが良い所もたくさんございます。
・1社のみが製造している屋根瓦ではないので廃盤になって部分補修ができない心配もございません。
・瓦自体は50年以上ももつのでしっかり細かなメンテナンスを行っていれば長持ちする屋根材です。
・遮熱性が高く夏は涼しく快適に、冬は暖かく感じることができます。

下記のように瓦屋根から、瓦屋根に葺き替え工事を行うことも可能です。
before1
工事前(和型いぶし瓦)
horizontal
after1
和型いぶし瓦完工写真
屋根の構造やお住いされる方々のご要望をお聞きしながら、お客様に合った屋根リフォームを行うように心がけております。屋根の事でご不安やご相談事がありましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

街の屋根やさん大阪門真店 おすすめコラム
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060