既存瓦の上から新しい屋根材を葺き上げる、カバー工法の事例をご紹介


屋根リフォーム工事の際に、屋根瓦全体を取り替える葺き替え工事と、屋根のカバー工法がございます。

既存の屋根材の上から新しい屋根材を葺いていくので、解体費・撤去費が削減できます。
ここでは、弊社で行ったカバー工法の一部をご紹介いたします。

MFシルキーでカバー工事

カラーベストからMFシルキーにカバー工法で施工しました。
before1
屋根現状
horizontal
after1
完成写真
before1
コケだらけだったので磨きました
horizontal
after1
2017-10-24-16.11.49-after-overlay

MFシルキーは瓦の約10分の1の軽さで、1枚当たりの重量はなんと2.5kgと超軽量瓦ですのでカバー工法にはもってこいの屋根材です。板金屋根なので暑いのでは?という疑問も寄せられますが裏に硬質ウレタンフォームが付いていますので通常の板金屋根よりも約10℃の遮熱効果がございます

MFシルキーについて詳しくはこちらのコラムをご覧ください

カレッセでカバー工事

カラーベスト屋根からカレッセにカバー工法で施工しました。
before1
施工前写真
horizontal
after1
カレッセ使用でカバー工法完成写真
before1
工事前カラーベスト(石綿スレート瓦)
horizontal
after1
工事後(カレッセ)
カレッセは、地元門真で作られていることもあり弊社でもたくさん施工してまいりました
MFシルキーと同様超軽量瓦なのですが、瓦風のデザインに作られているのが人気の1つです。一般的な板金屋根材と比べると上品で高級感があります。三つ又と呼ばれる丸しるしの箇所は一体物となっているため現場で加工することなく、勾配に合わせて生産してもらえるのでお客様の屋根にピッタリなものを持っていくことができます♪
お色も4色からお選びいただけますのでお客様のお好みや、外壁との組み合わせを楽しんでいただけます。

カレッセについて詳しくはこちらのコラムをご覧ください

リッジウェイでカバー工事

カラーベスト屋根からリッジウェイにカバー工法で施工しました。
before1
境界部分からルーフィングを貼ります
horizontal
after1
リッジウェイカバー工法完工
現場ブログはこちら

リッジウェイは、洋風デザインでおしゃれな屋根材の1つです。軽量かつ音も響きにくいので雨音も静かです。他にも落雪しにくいなど高機能な屋根材です。リフォーム工事だけでなく新築工事にも使われてきています

リッジウェイについて詳しくはこちらをご覧ください。

立平葺きにカバー工事

before1
瓦棒屋根
horizontal
after1
完成1
カラーベスト屋根から立平葺きにカバー工法で施工しました
before1
工事前
horizontal
after1
立平葺き完成
現場ブログはこちら

ガルバリウム鋼鈑という、錆びにくく酸性雨に対応できる屋根材を使用しています。鈑金同士ががっちりはまり込んでいますので強風などで飛散する恐れはございません。緩勾配は雨水の流れは悪くなるため1枚もので葺いていく立平葺きをお勧めしております。

ニチハのアスファルトシングル「アルマ」でカバー工事

before1
施工前カラーベスト
horizontal
after1
アスファルトシングル カバー工法完了
現場ブログはこちら

スレート屋根と比べると、約2分の1の軽さで建物への負担が少なく耐震性に優れています。新築にも、リフォーム工事にもお勧めしている屋根材の1つです米国のようなおしゃれなデザインも魅力の一つです。


弊社では、お客様のご要望に合わせて屋根工事、リフォーム工事のお手伝いをさせて頂いております。お見積り作成無料でしておりますのでお気軽にお問合せ下さいませ。

雨漏り修理についてはこちらを御覧ください。
街の屋根やさん大阪門真店
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060