瓦屋根の各部位の名称を知り、屋根工事の見積もり書内容を理解する


屋根工事の際にお見積り書をもらっても、専門用語や名称が難しく何がなんだかわからないと思います。

今回は瓦屋根の、各部位の名称をご紹介したいと思いますので、ご参考にして下さい。

屋根形状などによりない箇所もございます。

瓦屋根の平部(ひらぶ)

瓦屋根部位 平部
屋根の平面部に葺かれている箇所です。

ここに葺かれる瓦は、平瓦(ひらがわら)、地瓦(じがわら)、桟瓦(さんがわら)などと呼ばれています。

葺く(ふく)

瓦屋根の大棟(おおむね)

大棟にきれいに瓦を並べる
屋根の一番上で水平に葺かれている箇所です。

屋根面と屋根面が合わさっているてっぺんの部分です。

スレート屋根や板金屋根の場合、板金がかぶされており、棟板金(むねばんきん)と呼ばれます。

瓦屋根の隅棟(すみむね)

屋根部位 隅棟(すみむね)
大棟から、斜め方向(軒先方向)に下っている棟を隅棟(すみむね)といいます。

こちらも屋根面と屋根面のつなぎ目です。
棟の高さは様々でございます。

瓦屋根の降り棟(くだりむね)

屋根部位 降り棟(くだりむね)
大棟から下方向に真っ直ぐ下っている棟のことを降り棟といいます。

瓦屋根の谷部(たに)

谷板金も異常なし
屋根面と屋根面が合わさった、谷折りの部分です。

板金で施工されています。この位置からの雨漏りはかなりの雨量が予想されますので定期的に劣化状況を把握しておくことが重要です。
錆びていたり穴が開いている場合この箇所を取り替える工事も可能です。

瓦屋根の面戸漆喰(めんどしっくい)

面戸漆喰を塗ります
屋根の棟下に、半月型の白い部分のことです。

棟瓦を積む際の葺き土を雨水から守る他に一番は美観を良くするために施工されています。
面戸漆喰は定期的にメンテナンスが必要です。(約10年を目安にしてください)

軒先部(のきさき)

屋根部位 軒先(のきさき)
屋根面を下方向に下った先端箇所を、軒先といいます。雨が流れてくる方向。

大袖(だいそで)・小袖(しょうそで)

屋根部位 大袖瓦と小袖瓦
屋根瓦の端部分です。

大袖瓦(=右袖)は、建物に(軒先側から)向かって右側に葺かれている瓦を言います。
小袖瓦(=左袖)は、建物に(軒先側から)向かって左側に葺かれている瓦を言います。
お見積り内容にご不明な点などございましたら、お気軽にご相談下さい。

お客様に納得いただけるようわかりやすくご説明させていただきます。

屋根点検・屋根工事は街の屋根やさん大阪門真店にお任せ下さい!!


屋根内部について詳しくはこちらの記事をご参考にしてください。


大阪門真店おすすめコラム