オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

摂津市の5階建てマンションの強風で飛散したカラーベスト、棟包板金補修工事


工事のきっかけ

強風により、棟板金が飛散したとのことで現場調査すると、かなり前から飛散していたようで、中の棟包板金を留めつける木材も朽ちてしまって、なくなっている状態でした。雨漏り等は起こしておりませんでしたが、早急に補修が必要ということで、依頼がありましたが、何せ5階建てですので梯子などでは屋根には上がれませんので、このような中規模マンションの工事もできるところでと、HPからご依頼を頂けました。

摂津市 屋根補修工事,棟板金交換

ビフォーアフター

before
カラーベストの棟包板金が飛散して、中の木材も朽ちて欠損してます。
horizontal
after
新しく棟板金と取り付け、飛散したカラーベストも補修しました。

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換
施工期間
2日
使用材料
ガルバリウム鋼板製棟包板金
施工内容その他
築年数
20年
保証年数
工事費用
35万円(昇降用足場含む)
建坪
ハウスメーカー
before1
カラーベストの棟包板金を新しく取り付けました。
棟包板金(むねづつみばんきん)が強風で飛散しており、中の木材がむき出しの状態です。木材の変色加減から、かなり風雨にさらされているようなので、かなり前に飛散したものと思われます。
horizontal
after1
カラーベストの棟包板金を新しく取り付けました。
前の木材を外し、下地の木材を新しく交換して、新しく棟包板金を取り付けました。
before1
カラーベストの棟部分の棟包板金及び下地木材が完全になくなっています。
棟包板金が跡形もなく飛散し、下地木材も完全に飛散しております。たぶん、棟包板金に付いたまま飛散したと思われます。残った下地木材もかなり朽ちており、かなり前に飛散したと思われます。
horizontal
after1
新しく棟包板金を取付しました。
こちらも、割れたりしているカラーベストを補修して、新しく下地木を取ってから、棟包板金を新しく取り付けます。下地木も飛散しにくいように、ビス止めだけでなく、ボンドも併用して取り付けております。
マンションなどの高層物件は屋根の点検などもしにくく、賃貸で不特定多数の方がお住まいになっていることから雨漏りなど部屋内に起こさない限り、屋根などには関心を持たないものです。
特にマンションなどは屋根部分もコンクリートなどの場合は雨漏りなどを起こすことも少ないため、今回のような棟包板金が飛散していても気づかないものです。
しかし、このような状態を放置しておりますとカラーベスト本体の飛散にもつながり、飛散したカラーベストが落下して、人に当たったり、建物、車等に当たり大問題に発展する可能性がありますので、点検などが必要になります。
今回は、もともと飛散していたのですが、その付近の残っていた棟包板金が最近落下したことで気づいたようです。
また、今回のような強風による屋根材、部材などが飛散して被害があった場合は、火災保険が適用できる可能性もありますので、当社にご相談いただければと思います。

【工事完了後】

割れたカラーベストの補修も、きっちり行い、再度新しい棟包板金を取り付けてます。
棟包板金の取付工事が完了しました。割れたカラーベスト本体も、もちろん交換してより強固で美しく仕上がりました。高所での作業で大変でしたが、お住まいの方がこれから安心して暮らしていけますね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060