寝屋川市で玄関の雨漏り屋根調査に行ってきました。  


玄関雨漏り
寝屋川市にお住まいの方より、昨夜の雨で玄関、壁がビショ濡れで、じゅらくの壁がういてきてその下の下駄箱もビショ濡れになりました。と連絡を頂きまして、現場屋根調査にお伺いさせて頂きました。

お客様宅、日本古来の建物で屋根形状は、入母屋形状です。(屋根形状の種類

築年数も経過されていますので、以前に何回か?屋根の修理をされたそうです。
お客様もこの雨漏りには、たいへん驚かれ、なんとか雨漏りと止めて下さい。と言われました。
入母屋トンネル部
入母屋屋根形状、隅棟(すみむね)瓦、降り棟(くだりむね)瓦の接点部です。
その間を雨水が流れますトンネル部、写真ではわかりにくいかと思いますが、コケ等が多々発生し、トンネルの隙間も狭くなってきています。
この箇所で不都合等が発生しますとかなりの雨水が部屋内に侵入してまいります。
入母屋屋根形状で諸方の技術が問われる箇所です。
隅棟瓦部
隅棟瓦の状態です。
以前にお客様宅はラバー工事及び漆喰工事をされていますが、この状態は良く無いと思います。

棟瓦の勾配が無く、漆喰も厚く(台熨斗瓦面一/だいのしかわらつらいち)で施工されています。

平瓦(鱗瓦)部の瓦の凍て(いて)も出てきていますが、このたびの雨漏りの原因ではありません。
雨漏り原因は隅棟瓦の陥没、降り棟瓦との取り合いトンネル部で間違いありません。
お客様には、現在使用されています棟瓦は使用できませんので新しい棟瓦で、隅棟瓦の積み替え工事を説明させて頂きました。
谷板金部
降り棟瓦際、サラシ銅板、谷水切り板金の状態ですが、当時高級な銅板を使用されたとおもいますが、ここ近年、酸性雨で銅板は腐食してまいります。
お客様宅は、まだ、腐食(穴空き)もございませんでしたが、ご参考に説明だけさせて頂きました。
谷水切り板金際、平瓦、漆喰のところにもたくさんのコケがでてきています。
湿気の多いこの箇所、怖い状態です。
現場ブログ、ラバー工事について載せておりますページもよろしければご参考にどうぞ。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 U瓦からMFシルキーに葺き替え工事を行いました

工事前(U瓦)
MFシルキー葺き替え工事完成です
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
MFシルキー
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 棟瓦解体工事

守口市で、棟瓦の積み替え工事を行いました。昨年の台風で棟部分が崩れて土がむき出し状態になっていました。以前までの熨斗瓦(のし瓦)を積んで仕上げる方法ではなく、軽量で費用も抑えられる7寸丸瓦という大きな反丸の瓦を被せる丸伏せ工法を行いました。...........

守口市 棟瓦が崩れている

守口市にお住いのお客様より屋根補修のお見積もり依頼がございました。昨年の台風で屋根の天辺箇所である棟瓦が一部飛散し崩れているような状態になっていました。また棟以外にも、平瓦や屋根の端部分(右袖瓦)がズレていました。他社様で2社お見積もりを取...........

枚方市 屋根の雨漏り補修工事

枚方市で瓦屋根の雨漏り補修工事を行いました。2階の天井で雨漏りし、雨シミが出来ていましたので調査を行ったところ屋根に台風被害がありました棟瓦(むねがわら)を7寸丸瓦という半丸の瓦を被せて行う、丸伏せ工法で施工いたしました。他にも台風被害で軒...........