寝屋川市 日本瓦葺きの家で雨漏り調査、銅板に穴があいていました。


寝屋川市にお住まいの方より、秋分の日の雨で雨漏りが発覚したので、見に来てほしいと連絡があり現地調査に伺いました。
2階の天井から雨漏りが起きていたのですが、お客様はあまり2階に上がることはなく、春分の日にたまたま2階の奥の部屋に小物を取りに行く用事があり、初めてこのような状況に気づいたとおしゃってました。
雨漏り現状
今回の雨漏りがしている2階の部屋の天井写真です。
天井のクロスが剝がれています。

ここまでクロスが剥がれているのは、おそらくかなり以前から雨漏りを生じていたと思われます。
過ごしている部屋の中なら気づいたと思われますが、あまり使用していない押入れなどは分かりづらいですよね。

屋根全景
雨漏りがしているしている箇所を確認しましたので、いざ屋根に上りました。
お客様の屋根は境界のために、あまり見ない形状の屋根でした。色が少し薄くなった瓦はケラバ部で使用する右袖瓦です。

銅板全景
棟側からの写真です。
何故かこの瓦だけ色が違いますね・・
銅板の穴
さて雨漏りの原因ですが誰が見てもわかるように、銅製の谷板金に大きいところで1.5センチくらいの穴があいていました。

一昔前までは銅は一生ものと言われていましたが、今は違いまして昨今の雨は酸性雨なので、その影響で銅板に化学反応が発生して溶かしてしまいます。
雨漏り原因
違う箇所でも同じような穴がありました。
分かるように穴が開く近辺は銅の色が茶色になっています。
日本瓦は波型で山と谷があり低いところに雨水が流れていきます。
それが茶色に変色した箇所です。

漆喰剥がれ
最後に他の箇所も点検したところ棟の漆喰が剥がれ落ち、地肌の屋根土が見えていました。
今回は谷板金をガルバリウム鋼板かステンレスに交換する工事を提案させていただきました。
ありがとうございました

街の屋根やさん大阪門真店
0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市棟漆喰

雨漏りの一つ目の原因として、大屋根の棟漆喰全体がこのように外側にでているのがわかると思います。本来は、棟の内側にくるのが理想なのですが、これでは、雨水が伝いやすく内側に入りやすいので、雨漏りの原因につながります。ここまで厚く塗っているとゆう...........

棟のノシ瓦が欠損しており、棟自体も崩れかけております。

一昨年の台風21号から、はや1年半近く経ちまいした。道路を通ってみてもブルーシートの掛ったままの家などはほとんど見かけることがなくなり、台風被害の復旧工事も一段落をついたように思われます。しかし、実際は未だに被害を受けて補修工事が終わってい...........

大東市屋根全体

お客様から、瓦が数枚割れているとの事で調査依頼がありました。大屋根の全体部分ですが、台風にもしっかりと耐えて比較的にキレイなままでした。破損していた箇所は、袖瓦部分、棟瓦部分です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060