オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

門真市 文化住宅の建物より雨漏りがしているので原因究明へ


築40年の文化住宅で雨漏りしているので見てほしいと屋根調査の依頼がありました

お客様曰く、建物自体が古いので解体したいのですが、現在も満室中で悩んでおられました。
でも、雨漏りだけは放っておくわけないと・・多々悩んでおられました。
そこで、屋根やさんに相談してくださったそうです。
いざ、屋根調査へ!!
文化住宅の屋根
雨漏りしている片面の屋根瓦の並びです。
やはり、文化住宅は面積が大きいです・・・
この様に見ますと、別に問題ないように見えます。
瓦棒が錆びています
文化住宅によくあります、玄関通路、上部の屋根です。
瓦棒屋根といいます。
建築当時から一度もメンテナンスしていない為、錆がすごい・・・瓦棒の上を歩きますと屋根下地も腐食しているのがわかります。
ここまで放置しますと塗装工事では雨水は防げません。
また、軒先瓦もノコギリ状態(ガタガタ)
瓦のズレ
細かく屋根瓦を点検していきますと、瓦のズレがあちこちと・・・。おそらく、平瓦を固定しています屋根土がサクサク(風化)しているのだと思います。
屋根点検で、屋根土の状態が悪いときは、でたらめに屋根を歩かないことをお勧めします。でたらめに歩きますと、ズレていない瓦もズレてきます・・。
瓦をめくると土がほぼない
雨漏りしています付近の瓦をめくりました。
下地はボトボトになり、屋根土も流されてありません。
屋根土が流されてありません
こちらも、屋根土が流されてほとんどありません。
軒先瓦がずれている
雨漏りしていない方の反対側の屋根瓦の状態です。
軒先瓦が多々ズレて、軒先(のきさき)から飛び出しています。軒先瓦に不都合等が発生しますと連鎖反応で、平瓦のズレもでてきます

軒先・・・屋根面の先端部分
築40年、一度も屋根点検・メンテナンスをしたことが無かったそうです。
ここまで放置しておきますと補修工事では責任をとれません。。。
費用も日数もかかります・・。
お客様は、今になりもっと早く屋根点検しておけば良かったと悩んでいました。

報告書・御見積書を作成し、後日お客様へご説明にお伺いいたします。
今回は、屋根全面をやり替える屋根瓦葺き替え工事をご提案させていただきます。

1日24時間、365日 屋根瓦は自然災害でかなりのダメージを受けています。
一度屋根瓦を見直してはいかがでしょうか??

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

門真市長屋施工前

1階建ての長屋の間の部分を葺き替える依頼を受けました。年数がかなり経ち、瓦のズレ部分から雨水が侵入し雨漏りが発生していました。施工までに日にちがあったので応急処置として、シートを無償で設置させていただきました。

門真市 和瓦の暴風被害

暴風の影響で屋根被害を受けているとのお問い合わせをいただきました。木造アパートの瓦屋根です。今回調査は立ち合いが難しいとお伺いしましたので、お客様ご不在での調査を行いました。立ち合い困難やコロナの心配等も屋根調査は外から調査可能でございます...........

枚方市屋根現調

現場調査時の写真ですが、所々ひび割れが起きていました。屋根材の表面も劣化が起きていて、ザラザラしています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060