オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 築40年の和瓦屋根で雨漏りが止まらないお家の屋根調査


雨漏りが止まらないので見てほしいとご依頼があり、屋根の状態を見てきました。
お客様のお家は築40年の和型屋根でした。
屋根全景
経年で瓦が変色していました。
屋根を歩くと屋根土が砂状になっているのか?
瓦を傷めないように細心の注意を払い点検していきます。足に身が入ります
左袖部分
屋根瓦葺き仕舞い(左袖瓦=ひだりそでかわら)の状態です。

何かの振動でズレたのでしょうか、隙間があいています。
これは酷いです。この状態では雨漏りしてもおかしくないです。
破風板(はふいた)・外壁も傷める原因になります。これでは瓦が落下する恐れもあり怖いです。
右袖部分
屋根瓦葺き始め(右袖瓦=みぎそでかわら)の状態です。
以前に漆喰(しっくい)で修理をしたのでしょうか?漆喰が剝離していました。
漆喰が剥がれると、軒樋に流れていき樋を傷めてしまいます。また樋が詰まると排水が行われず、雨漏り要因にもなります。
軒先瓦割れていた
軒先(のきさき)瓦が割れていました。

軒先・・・屋根の先端。屋根の傾斜の一番低い所。
平瓦の凍て
平瓦の凍て割れ(いてわれ)もありました。

凍て割れとは、瓦が吸収した水分が寒さで凍り、溶けかけているときにまた凍って・・を繰り返している内に、膨張縮小し、割れてしまう現象です。
ラバー工事
ラバー工事がされている箇所がありました。
ラバー工事のメリットはズレ・飛散を防ぐの1点です。
雨水の逃げ場がなくなる、瓦の差し替えができないなど、デメリットの方が多いので、オススメしておりません。
年金生活をしているため、あまり費用をかけたくないとご相談をいただいていたのですが・・ここまでくると補修工事ではダメな状態。できるだけ費用のかからない屋根瓦での葺き替え工事をご提案をさせて頂きます。

なるべくお客様のご要望に添えるようにご提案させていただくのですが、部分補修では手遅れの場合もございます・・。
雨漏りしていないと思っていても、屋根裏など見えないところで雨漏りしていたり、放っておくと雨漏りする恐れがある予備軍も潜んでいることがあります(>_<)
早く見つけてメンテナンスすることで、お家を守ることができます。1度屋根点検をしてみてはいかがでしょうか。
街の屋根やさん 大阪門真店では、無料で屋根点検を行っております

お気軽にお問い合わせください。0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060