オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市で台風で外れたカラーベストの棟包板金を応急補修しました。


寝屋川市の3階建て住宅のカラーベスト屋根の棟(むね)付近に何か引っかかっているものがあるよと、近隣に方に言われてみてみると、テレビアンテナに何か引っかかっているようなので、飛んでも危ないし心配なので見て欲しいとのご依頼を受け、屋根の点検をさせて頂きました。
そうすると、カラーベスト屋根の頂点に被せる棟包板金が外れてテレビアンテナに引っかかっているではないですか。。

・・・屋根の面と面が合わさった山折りになっている箇所。
棟包板金は外れてアンテナに引っかかっています。
屋根にあがると、カラーベストの棟包板金が外れてテレビアンテナの足に引っかかっております。どうも、前日の台風の風で煽られて外れたようです。このアンテナの足に引っかからなければ、どこかに飛んでいって何かに当たったりしたかもしれません。
棟包板金が風で煽られて外れかかっています。
反対側の端部は、ケラバ板金にかしめてあったので、そこで持っていたのか飛散だけは免れています。
しかし、この状態を見ますと原因は台風などの強風によって煽られて棟包板金が留めつけている下地木から外れているのがよくわかりますよね。
棟包板金を留め付ける下地木に不備があります。
強風によって外れたのには間違いないのですが、この棟包板金を留め付ける下地木にも問題あるようです。
通常、下地木には貫板(ヌキイタ)という無垢材(材木から切出した木材)を使用するのですが、ここでは9mmの合板を使用しております。
合板は、木の屑などを接着剤で貼りあわせた材料で、住宅などの構造材には適していますがこのような雨水が吹き込む可能性のところでは、経年により接着剤が劣化して、釘の保持力ながなくなるのです。
この下地木を使用しているのは頂けません。
最近では、腐らない樹脂製の木材などを使用する場合もあります。
応急で棟包板金を補修します。
このまま放置はできないので、飛んでいなかった棟包板金を再度留め付けます。
これはあくまでも、今後の雨対策の為の応急補修です。
この下地木のままでは保持力がないので、またいつ飛散してもおかしくありませんので、下地木からの交換工事の提案をさせて頂きました。

このような強風での飛散、部材の外れなどは火災保険の風災に適合しますので、お入りになっている火災保険会社にご相談されたら、補修工事費が出る場合もございますので、当社に御相談ください。

台風の影響で屋根材が飛散していたケースもあります。ご参考にどうぞ

屋根の定期的なメンテナンスをしておきましょう。
無料点検からお見積り説明0円ですのでお気軽にお問い合わせください!

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 屋根の天辺、棟包み板金の取り替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
約31万円(足場費用省く)
施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟補修前

こちらは補修前の部分です。瓦もだいぶと飛散しそこに雨が降り、中の土も風化しなくなっていました。

棟包板金を留めつける貫板も朽ちてしまっています。

昨年の年末に行った工事ですが、寝屋川市の3階建でカラーベスト葺の住宅の屋根の棟包板金が飛散しており、一昨年の台風21号で飛散したと思われるのですが、下地木の貫板の朽ち方もひどいので、もしかしたらもっと前から飛散していた可能性があります。今回...........

①現調時 工事前

連絡をもらって屋根の状況を見させていただきました。写真のように棟板金の9割くらいが台風被害により飛散していました。その後も気づかずに放置されたために棟板金を固定するために打ち付けていたヌキ板も風雨にさらされ変色していました。放っておくと木が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060