オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪狭山市 いぶし平板瓦のナイス・ザ・ノアを葺き上げます!


先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。
前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。
前回までのブログはこちら!

既存いぶし瓦の解体の様子

下地コンパネ工事の様子

この記事を読む前に、上記をクリックして読んでみてください。

今回新しく葺上げる瓦は、解体する前の和形いぶし瓦で葺かれて和風建築の意匠を崩さないように、なおかつ風に強く屋根自体の重量も下げるために、軽量ないぶし平板防災瓦に葺き替えることになりました。
瓦名は淡路島の緑窯業製の「ナイス・ザ・ノア」という瓦で、ネーミングは少し??って感じですが、
和風建築にも合う、いぶし銀が映えるいい瓦なんです!
瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。
まずは、樹脂製の瓦桟木を割り付けをして打ち付けて行きます。腐らないという観点から、木製ではなく樹脂製の瓦桟が使用されるのが多くなってきました。
そして、瓦揚げです。
瓦揚げ機を用いて、屋根に揚げて各面で使う数量を計算して、まくばって行きます。
軒先の瓦を留めつけて行きます。
軒先の瓦を留めつけて行きます。
軒先の瓦は風の影響を受けやすいので、瓦の先の隠れるラップの部分に数字の7の形をしセブン釘で軒の瓦が風で押し上げられないように押さえます。
最近は、瓦を留める釘を打つのもハンマーではなく、エアで打ち付けるバラ釘打ち機を使用します。打ち付ける時にバリバリと音がするので、職人らば通称「バリバリ」と呼んでいます。。
本棟の強力棟部分です。
平部の瓦を葺き上げて、棟部には強力棟金具をいう金具を打ち付けて、その金具に垂木を留めつけて行きます。
こちらは平行の本棟部分です。
隅棟の強力棟です。
こちらに隅棟、金具を先に止付け、瓦を棟に合わせて斜めにカットしていき、金具の上に垂木を留めつけます。
本棟の完全乾式工法です。
その垂木の上から、乾式面戸シートのハイロールを取り付けます。
ひと昔前まではナンバン漆喰を塗り込んでいたのですが、現在はこの乾式面戸シートを使用して、完全乾式工法で棟を仕上げるのが主流になっております。瓦と接着するため止水性も高く、軽量なります。この上から棟瓦を葺き上げ、瓦の上からパッキン付きビスで垂木に留めつけて行きます。
昔は銅線で縛るだけだったので、かなり風などには強くなる工法になります。
隅棟の完全乾式工法です。
隅棟部分も同じように乾式面戸シートを取り付けて行きます。
このシート、ヨーロッパなどではかなり前から主流なもので使用されてきたのですが、日本に入ってきたのはここ10年ぐらいで、屋根葺においても日本は独自の文化が多く、このあたりもガラパゴス化しているかもしれませんね。。
壁際はシーラーで止水して貫板を打ち付けます。
下屋根部分も瓦を葺き上げて、壁際の仕舞になります。和型瓦なら、真っすぐなノシ瓦を壁際に積み上げていきますが、平板瓦ではノシ瓦積みはしませんので、止水面戸シーラーを貼って、雨押え板金を取り付けての仕舞になります。
壁際の雨押え板金と取り付けていきます。
止水面戸シーラーの上から貫板を打ち付けて、ガルバリウム鋼板製の雨押水切板金を取り付けて行きます。重なり目から雨水が横走して侵入しないように、2重コーキングを打って重ねて留めつけて行きます。
ナイス・ザ・ノアが葺きあがりました。
ナイス・ザ・ノアが葺きあがりました!
いぶし銀が映え、フラットな意匠になりますで、シンプルな仕上がりになります。
しかし、和風の趣は崩していませんよね!
いぶし平板瓦が葺きあがりました。
位置母屋部分も完全に塞いで、ガルバリウム鋼板を貼っての仕上がりになりました。
この部分は鳥が入ったり、小動物が入ったりすることが多く、このお宅のように入母屋部が小さければ、塞いでしまうほうが、雨仕舞も良て見た目もスッキリ仕上がりますね。
屋根瓦は完成しましたが、このお宅の工事は、まだまだあります。塀の移動、塀瓦工事、外壁塗装、樋交換と、まだまだやることが一杯あります!
また引き続いて、ここで紹介させて頂きますね!

世間はコロナで自粛ムードですが、もうすぐ梅雨や台風の季節が近づいておりますので、屋根の点検などは家の内部などに入ることもはなく、外部からだけの点検で大丈夫ですので、早い時期での点検をお勧めします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

e9ed96f83f112bd793d0b897bef605f8

大阪狭山市の葺き替え工事の現場ですが、前回では瓦の解体工事の様子をブログでご紹介させて頂きましたが、今回は続いての工事で、下地コンパネ工事の様子をご紹介します。昔の和形瓦は土と銅線で留めつけていましたので、杉板(通称バラ板)の野地でも大丈夫...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060