オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 凍害で表面が割れている塩焼瓦の屋根点検を行いました。


寝屋川市で瓦の破片が屋根からおちてくるので、一度屋根を見て欲しいとのご依頼を受け、屋根点検をさせて頂きました。屋根瓦の種類は、塩焼瓦というやつでして、瓦を焼成する時に塩を入れることで化学反応をおこして瓦表面にガラス被膜がはられ防水性能が高まるとと同時に赤く艶のある表面になるので、40年ぐらい前にはかなり使用された瓦なのです。
ただ、40年以上前のなので焼成温度が800°ほどで低く、吸水率が高いことからも寒い地域には向かない瓦でした。
ここも、経年により吸水率の高くなった塩焼瓦が、冬場に吸水した水分が気温の低下で凍結膨張して表面と割ってしまうという凍て割れを多く起こして、破片が屋根から落ちてきていたようです。
外壁は塗り直してキレイになっています。
下からは屋根は見えません。外壁などは塗り替えて切れになっています。壁は目につくので気になるので塗替えなどよくされるのですが、屋根は見えないので後回しになることが多いですね。
まずはどんな状態なのか、屋根に上って点検します。
ここも前面に塩ビ波板のアルミ庇がでてますので、その波板からフレームを踏み外さないように屋根に上っていきます。
無数の凍て割れが見られます。
屋根に上がりますと、かなりの数の瓦の表面が剥がれるように割れる凍て割れを起こした瓦を多数確認できますね。これはかなりひどい状態です。
瓦の表面がボロボロですね。
瓦の表面が剥離してわれています。中にはそれが進行して完全に割れてしまっている瓦も見られます。
瓦が完全に放射状に割れています。
ここの瓦などは、完全に放射状に割れてしまっています。これだけ割れていれば雨漏りを起こしそうなものなのですが、雨漏りはしていないとのことなので、表面だけの割れで薄く下の方は瓦が残っているのかもしれません。
棟際の瓦にズレが見られます。
棟際の瓦にもズレ等もみられます。これだけ割れているということはこれまでメンテナンスを行ってないということなので、経年による瓦ズレも見られます。
棟のノシ積段数も2段です。
本棟のノシ積段数も2段です。通常は3段ほど積むのですが、かなり安価に仕上げた屋根になります。でも、この段数の多い少ないで雨漏りがする訳ではありません。
こんな状態ですので、もはや補修では対応できない状態ですね。
これは葺替工事しかできませんので、瓦を剥がして、下地にコンパネを貼って、その上に新しい瓦を葺くのですが、お客様の希望は軽い鋼板屋根材とのことでしたので、ご希望にかなうご提案をさせて頂こうと思います。

家の屋根は見えない場合も多く、雨漏りしなければ気にしないことが多いのですが、葺かれてから30年以上経ちますと何かしらメンテナンスの必要性が出てきますので、一度屋根点検をされてはいかがですか?
屋根点検は無料ですので、お気軽にお問合せ下さい。

「街の屋根やさん 大阪門真店」フリーダイヤル0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060