オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大東市でいぶし瓦の鬼瓦が落下したので現地に伺いました。


鬼瓦がない
今回の問題箇所です。
お客様の家は入母屋屋根の大きな家でして、その2階部分に降り棟(くだりおに)と言って軒先(のきさき)方向に向かって伸びてる棟の先の鬼瓦が1つ下に落下していました。
写真の丸印です。
鬼瓦は今でこそホルマル銅線やビニールで被膜した銅線を使用しますが、昔は銅線のみで緊結していました。
その為土のあくなどで銅線が腐食してしまい、最終的に切れて今回の事例になってしまいました。
壁際のし落ち
順番に点検をしていきました。
ここは妻下(つました)と言う箇所ですが、本来あるはずの破風尻(はふじり)ののし瓦が全て落ちてなくなっていました。
ここも剥がれやすい場所ですがこの下に瓦がちゃんと葺いてあったので雨漏りの被害は無かったようです。
際のし落ちl
妻下から下りた銅板の谷に瓦が引っかかっていました。
どこの部分から落ちてるのかと探した結果、丸印の壁の奥深くに葺いてあった瓦でした。
こちらも大屋根の軒の下なので、それほど雨の影響を受けなかったので雨漏りは無かったです。
転がってきた瓦の角が銅板の谷を傷つけなくて良かったです。
漆喰剥がれ
大屋根の棟が合わさった箇所です。
漆喰が剥がれおち、雨水が浸入するくらいすきまが出来ていました。
先程の鬼瓦が落ちた降り棟の所でして、重力にはかなわなくてじんわりですが、全体にずってきていました。
修理跡
反対側ですがこちらは漆喰(しっくい)の補修工事をされたみたいで、今のところ大丈夫でした。
最後に残りの鬼瓦も見た目は大丈夫そうに見えましたが、触ってみるとグラグラ揺れて危険なので、全て解体して鬼瓦の緊結をやり直す提案をさせていただきました。
ありがとうございました。

屋根は日々雨風にさらされ劣化が進んでしまいます。正しいメンテナンス方法でお住いを守りましょう。

街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

大東市 ルーフテラスの雨押え板金取り付け、コーキング打ち替え工事

既存コーキング取り外し
雨押え板金工事完工
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
JFE鋼板株式会社 極み‐MAX セピア
築年数
約13年程
建坪
保証
工事費用
約15万 (足場含む)
施工事例

大東市でいぶし瓦の谷板金入れ替え及び漆喰工事をしました。

施工前
施工後
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ステンレス製谷板板金
築年数
約25年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

枚方市ベスト施工前

施工前のベストの様子です。経年劣化により、塗装の剥がれ、ひび割れ、苔が生えていました。屋根を補修する良い目安だと思います。この状態を放置していると、強風などで飛散し、周囲の家や人に当たったりすると大変な事になります。

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

銅板の上に一文字軒瓦が乗せてある日本の伝統的な仕舞です。

枚方市の数寄屋造りの日本家屋の軒先部分が銅板一文字葺の銅板部分が長年の瓦から落ちる雨水で穴が開いてしまって、そこから雨漏りを起こしてしまっているので、本来なら銅板の葺替などになるのですが、銅板自体の価格も高く、また耐候性を考えると、強いもの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060