オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

東大阪市で軒先やケラバの瓦が釘穴から割れている和型瓦の屋根調査に伺いました。


東大阪市山手側のお客様で、2階部分で雨漏りがするので、一度見て欲しいというご依頼がありましたので、屋根の調査に伺いました。結論をいうと、雨漏りの原因は瓦割れで割れてズレてしまって、野地が見えてしまっていると状態ですので、原因は簡単でしたので、割れた瓦を交換すると雨漏りは止まります。
このお宅では軒先瓦とケラバ瓦の割れが多数みられ、過去にも割れた瓦を補修もされております。
では、なぜ瓦が自然に割れるのでしょうか?
これは、昔の工法といいますか、副資材事業にも原因があるのです。
いぶし和型瓦屋根全景です。
屋根の全景です。
いぶしの和型瓦屋根で葺かております。
見た目には、瓦の横の通りに曲がりなど無いので大きなズレを起こしているわけではなく、棟(むね)の通りもうねったりしている訳ではないので、一見問題なく見えます。
軒先瓦が割れており、補修されています。
しかし、良く見ますと軒先(のきさき)の瓦が過去に割れたのか、コーキングで補修されております。
割れると言っても、上側から端に斜めに割れていますね。
軒先瓦を留め付ける釘を打つ箇所
上の画像と同じ画像ですが、赤い点の箇所が軒先瓦を留め付ける釘を打つ箇所なのです。上の桟瓦が重なってきますので見えませんが。
これをみますと、釘穴付近から斜めに割れが行ってますよね。
これは、釘穴から割れが起こっているのです。
ケラバ瓦が釘穴から割れています。
これは、ケラバ部分の瓦が割れているところです。
これも、ある一点から斜めに割れていますよね。
一番下の角瓦は過去に割れてしまってコーキングで補修がされておりますね。
袖瓦が割れてズレています。
今回の雨漏りの原因はこの部分です。
これはケラバ瓦が割れてズレを起こしてしまい、完全に野地が見えた状態になってます。
これでは上から流れてきた雨は全部瓦の下に入ってしまいます。
これも原因は釘穴からで、縦割れではく、横に割れが走ってしまい、2つに分かれてしまって留め付けの支えを失いズレてしまったのですね。
釘の種類
この瓦を割っていた原因は釘にあるのです。
昔は瓦を葺く場合、軒部とケラバ部のみ釘で留め付け、平部は土を敷いて葺くので釘などでは留めませんでした。
その留め付けに仕様された釘も一番上の鉄釘を用いるのが一般的だったのですが、この鉄釘が経年により酸化してくるのです、いわゆる錆びというやつです、鉄は錆びますと表面が膨張してしまうので、その膨張により釘穴より太くなってしますうので、釘穴に力が掛かって、割れを起こしてしまうのです。
この現象は、30年前以上に葺かれた瓦屋根にはよく見られます。
その後、割れを起こす鉄釘は仕様されなくなり、錆びにくい亜鉛メッキ釘が使用されるようになりましたが、これもいずれは錆びを起こすので、現在ではステンレス製の釘を使用します。
更に地震や台風でも抜けにくいスクリュー釘より抜けにくいスクリューにリングを加工したスクリング釘というが用いられ、今では土葺はされないので平部も瓦も全枚数この釘で留めつけられています。
このように、釘穴から割れている瓦というのは、結構みられますし、現在割れた瓦を補修したからといって安心はできず、そのお宅に屋根は全部、鉄釘が使用されているので今後割れを起こす可能性も高いのです。
瓦が割れて雨が漏ってからでは家にもダメージがありますので、30年以上経年している屋根であれば、一度点検された方がよろしいですよ。

雨漏りにお困りの方はこちらのコラムもご覧ください。

街の屋根やさん 大阪門真店
TEL 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

東大阪で塔屋の陸屋根のシート防水工事、笠木板金取り換え工事

塔屋陸屋根の防水工事施工前
塔屋陸屋根施工後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート(TAJIMA)/ガルバリウム鋼板
築年数
約33年
建坪
保証
工事費用
約30万程(内壁補修含め)
施工事例

東大阪市カラーベストのカバー工法でリッジウェイを葺きました。

カラーベスト 古い
リッジウェイ カバー工法
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
リッジウェイ
築年数
25年
建坪
48坪
保証
工事費用
施工事例

東大阪市 カラーベストから板金屋根のカレッセにカバー工事

施工前屋根の状態、屋根材はカラーベスト
カレッセ、カバー工事完工
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市カーポート

カーポートの屋根が破損しているのでお見積りをお願いしたいとお問い合わせをいただき、調査を行わせていただきました。こちらがカーポートの屋根です。ポリカーボネート材の折板の屋根になります。駐車場自体が広く屋根も大きめに作られていました。

守口市長屋調査

和瓦の屋根ですが、全体的に傷んでいて、経年劣化を起こしていました。瓦の表面が風化していて雨などの水が浸透しやすくなっています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060