台風でスレートが飛散した工場の円形屋根のケラバカバーと取り付けました。


私の友人の会社で堺市の物件になるのですが、昨年の台風21号の強風で波型スレート屋根の工場ののケラバ部材が飛散してしまい、1年前ほどから依頼をされていたのですが、雨漏もしていないので後回しにさせて頂いていたのですが、先日のゲリラ豪雨で雨漏りを起こしたということで、ケラバ部分の補修工事をさせて頂きました。
円形屋根の工業の飛散したケラバ部の補修工事を行います。
かまぼこ型の円形屋根のケラバ部分のスレートが飛散して無くなっています。この部分の部材があれば取り付ければいいのですが、この円形屋根に合う、曲がったスレートが生産されていないので、ガルバリウム鋼板を加工して取り付けることにしました。
ケラバ部のエッジ部分ですし、円形屋根は軒先部分は急勾配になるので、とても足場なしでは工事できないので、足場を架設しての工事になります。
この円形屋根は連棟で、この会社は2棟分あるのでケラバ補修部分も2棟になります。
応急処置として、防水シートをケラバ部に貼っておきました。
先日のゲリラ豪雨で雨漏りを起こしたので、飛散したケラバ部分の隙間を粘着ルーフィングで止水する簡易補修を行っておりました。足場がない状態でこれをするのは結構大変でした、、
ガルバリウム鋼板製のケラバカバーです。
今回取り付けするガルバリウム鋼板を加工して作成したケラバカバー板金です。これを円形屋根の曲線に合わせて加工して取り付けていきます。
ケラバ際のスレートのボルトを飛ばしていきます。
まずはケラバ部分の残ったケラバスレートを撤去し、新たに取り付けるケラバカバーに当たる、スレートを留めつけているボルトをサンダーでカットしていきます。
L型のケラバカバーを切り目をいれて曲げながら取り付けします。
そしてガルバリウム鋼板製のケラバカバーを切れ目を入れながら加工し、曲面に合わせて取り付けていきます。
ケラバカバーつなぎ目に2重コーキングで止水します。
鋼板のつなぎ目には2乗コーキングを打って、止水と補強をして飛散しにくくします。
円形屋根なので、短いケラバカバーを繋ぎ合わせていきます。
側面からのアンカービス止め、上部からの鉄骨へのボルト締めを行い留めつけていきます。
ケラバカバーの取り付け完了です。
これを2棟分やって、ケラバカバー板金の取り付けは完了です。
これで、雨漏りも大丈夫!
長らくお待たせして申し訳ありませんでした。
このような、工場や商業施設などの屋根に関しても、様々な工事を行っておりますので、
お気軽にお問合せ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒先の銅板の一文字葺が劣化して穴があいています。

寝屋川市のお宅で、和型瓦などの一文字軒瓦の先の部分に葺かれている銅製の銅板一文字葺は数寄屋造りなどにはよく用いられ、屋根の意匠としてはシンプルで美しく、また軒への重量の負担軽減にも貢献をする屋根仕舞なんですが、銅板は昨今の酸性雨などの影響で...........

寝屋川市 屋根の調査

寝屋川市で、昨年の台風で被害に遭われました屋根の修理依頼がございました。修理前の屋根の状態は、瓦が剥がれ、棟(むね)の板金も一部も飛散している状態でした。修理前の状態をご紹介致します。

寝屋川市 足場工事

寝屋川市で屋根の補修工事を行いました。台風で破風板(はふいた)の一部が飛ばされたので、板金ですべて囲う工事をご紹介していきます。軒樋(のきどい)が取り付けられている部分(鼻隠し)は一度樋を外さなければ板金で施工できないため樋の取り替え工事も...........