オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

枚方市 強風で浮き上がった和瓦で葺かれた差し掛け屋根の瓦補修工事を行いました。


枚方市のお客様で、屋根から雨漏りをするとの依頼で、屋根の点検を行わせてもらいましたら、葺かれている和形釉薬瓦が浮き上がっており、ケラバ部分の袖瓦もズレが生じていたので、その部分の補修工事と、ケラバ瓦のズレ補修及び補強工事、面戸漆喰工事を行わせて頂きました。雨漏りをおこしている差し掛け屋根の片棟板金部分と壁面部分の板金カバー工事も併せて行いましたので、それはまた別のブログでご紹介させて頂きます。
濃いrチョコという色の和形釉薬瓦
差し掛け屋根形状ですので、棟は片棟になり、和形瓦では仕舞ができないので、板金仕舞になっております。瓦は「濃いチョコ」という淡路産の瓦で、葺かれてから30年以上が経過しておりますが、表面は少し色あせて、汚れなど見られますが、瓦自体は問題がありません。陶器瓦の耐用年数は、カラーベストなどに比べれば、3倍から5倍の耐用年数ですね。
桟瓦が浮き上がっています。
桟瓦の一部が浮き上がった状態になっていました。瓦が浮き上がっているだけで、ズレて野地が露出しているわけではないので、雨の流れは止めてないようですので、雨漏りは起こしていません。でも、強風を伴う雨の場合、少しながら瓦下に雨は吹き込んでいるでしょうが、瓦下の葺土が吸収してくれてたんでしょうね。
袖瓦がズレていますね、
右側のケラバ部分の袖瓦にズレが見られますね。この右側の袖瓦は被せ部分で終わるので、風の影響を受けやすいんですね。3年前の大きな台風での被害もこの右側の袖瓦が飛散したという事例一番多かったですね。ここは、飛散はしてませんでした。
面戸漆喰は剥がれていませんが、メンテナンスの時期です。
片棟板金部分の面戸漆喰です。かなり奥に漆喰を施しているので、剥がれや汚れなどは見だちませんが、20年近く塗っていないと言われるので、そろそろメンテナンスはしておいた方がいいでしょうね。
浮き上がった瓦部分を取り外します。
桟瓦が浮き上がっていた部分の一体の瓦をめくって、再度留めつけて行きます。
また浮かないように、きっちり留めつけていきます。
ドリルで借り穴をあけて、ビスにて瓦を留めつけていき、今後飛ばないように補強も併せてしていきます。
右ケラバの瓦を取り外します。
ケラバ部の右袖瓦全体を一旦取り外しました。ズレはその一枚だけ押し上げても直るものではなく、経年による全体のズレが起因していることが多いので、ズレている部分だけではなく、全体を葺き直すことが最善の補修方法になります。
袖瓦を留めつけて行きます。
そして、再度、瓦を調整しながら一枚一枚、ビスで留めつけていきます。
袖瓦上からもドリルで穴を空けます。
葺き直した右袖瓦の上から、更にドリルで穴をあけて行きます。
強風で飛散してないように、パッキン付きビスで補強します。
そしてその穴にパッキン付きビスを留めつけて行きます!これで、よほどの強風が来ても、浮き上がることはありません。ただ直すだけでなく、今後同じ被害がでないように、補強することも大事ですね。
片棟の面戸漆喰を塗り直します。
片棟部分の面戸漆喰を塗り直して行きます。この面戸漆喰のメンテナンスは、和形瓦では重要で、瓦屋根を長く持たす為には必須の工事と言っても過言ではないでしょうね。
下屋根の壁際の面戸漆喰も塗り直しました。
もちろん、下屋根の壁際の面戸漆喰も塗り直します。お化粧直しをしたように、見た目もキレイになりますよね。
これで、瓦部分の補修工事は完了しました。和形陶器瓦は、キッチリとメンテナンスしてやれば、30年から50年の耐用年数がありますので、他の新生屋根材と呼ばれるカラーベストなどと比べれば、ランニングコストで考えれば、非常にコスパに優れた屋根材です。ただ、重いという観点から、最近は軽量の瓦に代える方が増えているのも事実です。でも、やっぱ日本の屋根には和形瓦がいいですよね。
この屋根、まだ終わりでなくて瓦部分の補修工事に関してのブログを今回ご紹介させて頂いておりますが、当社は板金屋根部分にも対応しておりますので、次回では、板金部分のご紹介をさせて頂きたいと思います。

どんな些細なとこでも結構ですので、屋根に疑問、問題がありましたら、お気軽に
街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根シートが掛かった状態です。

大阪市鶴見区の店舗付き住宅の屋根の点検をさせて頂きました。雨漏りがするということでしたので、屋根に上がってみますと、築50年以上で、瓦はその時のままで代えてはいないとのこと。正面は大きな道路に面しており、車が多く行きかい、歩道の通行者も多い...........

厚型スレート瓦です。

大阪市城東区の物件の屋根点検のご依頼をお受けしました。お客様がお貸しになっている家ということで、屋根にあがりますと、これまた今時と言っては語弊がありますが、非常に珍しい瓦でした。この瓦は厚型スレート瓦と言って、昭和初期によく葺かれた屋根材で...........

銅製の谷板金が変色しています。

四条畷市のお客様で点検した際に、屋根の谷部分で雨を流す為に取り付けられている谷板の素材が銅でされている、その銅製の谷板が長年の瓦から滴る雨水により浸食により薄くなって穴があきかけており、穴があいたら雨水の集まるところなので、雨漏りがするのは...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060