オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

交野市で和瓦の棟葺上工事と、谷板金入れ替え工事を行いました。


交野市のお客様で、雨漏りがするとのことで雨漏り調査に行かせて頂き、経年による棟のノシ瓦の勾配が緩くなることでの雨漏りということが判明し、棟葺上工事と、かなり錆びていた谷板金の交換工事を提案させて頂き、工事することになりました。

施工前

棟の下の瓦が凍害で割れています。
棟のノシ瓦の勾配が経年により中の葺土が痩せることで勾配が緩くなり、棟内に雨水を溜め込みやすくなり雨漏りをおこしておりました。
また、棟下の瓦に凍害による割れも見られます。
谷板金も錆び錆び状態です。
谷板金も錆びが酷い状態で、ここまで錆びると穴が開く可能性もありますので交換が必要になります。
ノシ瓦も凍て割れを起こしてます。
棟のノシ瓦も凍て割れを起こしてます。
瓦を外すと土のズレ留めの木に濡れた跡があります。
下葺は昔のビニール系で、土留めの為の木も濡れて黒くなっていますね。

谷板金入れ替え工事

谷部分の瓦を取って、谷板金を交換します。
棟を解体して、谷部分の瓦をすべて外し、下の土と、現状の谷板金を取り除き新しくガルバリウム鋼板製の谷板金と取付ます。
谷板金の上に瓦を復旧して行きます。
そして、谷板金の上から外した瓦を葺き戻して行きます。その時に悪い瓦も交換します。

棟葺替工事

既存の段積の棟を解体していきます。
既存の段積の棟瓦を解体していきます。中の葺土も全部て撤去しますので、土だらけになります。瓦の上に土が乗ると滑るので慎重に進めていきます。
凍害で割れた悪い瓦も交換します。
凍害などで割れやカケを起こしていた瓦も交換していきます。また、棟際の隙間の広くカットした瓦も新たに切り直して隙間を狭めていきます。
強力棟金具と取付、金具に垂木を取り付けます。
強力棟金具を野地に取付、その金具に垂木を取付ていきます。この垂木に棟瓦をビスで留め付けるのです。
ナンバン漆喰を垂木に塗り込み7寸丸瓦を伏せて行きます。
垂木にナンバン漆喰を盛って、その上から7寸丸瓦を葺いてゆきます。そして、瓦の上からパッキン付のビスで留めつけますので、風にも強く、地震にも強い棟に仕上がるのです。
before1
棟葺替工事前の段積棟です。
棟は段積で、谷板金は錆びた施工前から
vertical
after1
7寸丸伏せでスッキリと仕上がりました。
7寸丸伏せでスッキリとした屋根に仕上がりました。もちろん、谷板金も交換しましたので完璧です!
最近、昔よく建売住宅などで葺かれていた和型釉薬瓦の雨漏りが多くなっています。葺かれて30年以上経っていることが多く、致し方ないところがあるのですが、、、
でも陶器瓦の寿命はながく、全部葺替なくても平部の瓦が問題なければ、このように棟の葺替工事や谷板金の入れ替え工事だけでも、まだまだ家を守ってくれる屋根に仕上がるのです。
特に棟部分の雨漏りには、この7寸丸伏せ工法が有効的ですので、当社で非常に増えてる工事です。

瓦屋根でお困りのことがありましたら、瓦のスペシャリストがいる「街の屋根やさん大阪門真店」にお気軽にお問合せ下さい。
フリーダイヤル 0120-198-060 まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060