オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市で日本瓦の雨漏りしている棟の積み替え工事をしました。


工事前現状
屋根の全景です。
今回は写真の茶色い瓦の真ん中の部屋あたりから雨漏りがしてきたとのことでした。
この瓦は塩焼きという種類の瓦でして、現在では存在していない瓦です。
棟瓦へたり
瓦の大きなズレ等は無かったですが、いつものように3段積んでいるのし瓦の1番下の段が経年劣化の為に勾配がほとんど無くなっていたり、雨水を受けてしまう勾配になっていました。

瓦割れ
その後もう少しじっくり点検していくと、地瓦が写真のように横割れをしていました。
日本瓦は波型で雨水は瓦の谷部分(一番低い箇所)を流れていきます。
写真のように横割れをしていますと、全ての雨水がひび割れから侵入していき雨漏りがおきます。
谷銅板
これもよく目にする光景ですが、屋根の形状で谷と言われる箇所です。瓦を流れてきた雨水がすべてこの箇所に流れ込んできます。

その谷部分の板金がお客様の家は銅板を使用していました。一昔前までは銅は一生物といわれる時代でしたが、最近では酸性雨の影響により、写真のように色が変わってきてしまいます。
茶色い部分が酸性雨により被害を受けた銅板です。
現状ここからの雨漏りは発生していないですけど、銅板に穴が開く可能性が大でした。


瓦ズレ
他の箇所も点検すると、瓦の隙間を埋める為にコーキングを塗っていました。
埋めたとしても万が一上からの水が流れるとコーキングにより水の流れを止めてしまい、2次被害の可能性があります。

瓦の隙間
最後に棟下の瓦も棟の重量に負けてしまい、勾配が取れなくなって来つつあります。
今回はお客様に説明をさせて頂き、予算等を考慮して棟瓦の葺き直し工事をすることになりました。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました

熨斗瓦が崩れてしまっています。
7寸丸棟瓦を並べて完成
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦(釉薬瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟崩れ飛散

工事を行う前の状態の写真です。しっかりとシートで覆われて飛散しないように土のう袋で押さえられています。

茨木市棟崩れ

点検するために屋根に上ると、棟部分がブルーシートで養生してあり、飛散しないようにしっかりとどのうで抑えられていました。

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060