門真市でニチハ・パミールの劣化状態の屋根調査を行いました。


門真市でニチハ・パミールで葺かれた屋根の点検を行いました。
ニチハパミールは大手外装材メーカーのニチハが1996年から2008年まで販売していた屋根材で、これまでこの手の彩色スレート瓦に入っていたアスベストを無くし、ノンアスベスト屋根材として屋根材市場に進出したのですが、10年程度経過すると、パミール本体の先などがミルフィーユ状体になる層表剥離が多くみられ、また釘が腐食して本体が抜け落ちるなどの症状が見られており、近年では訴訟など社会問題にもなっている屋根材なのです。
このお客様も今から13年程前に葺かれたとのことで、屋根にあがるとパミールはかなり酷い状態でした。
パミールの表層剥離状態です。
屋根全体ですが、パミール本体の先が波打って見えますね。誰もみても、正常な状態でないことは認識できますよね。
パミールの角部分は表層が浮き上がってカケています。
近くで撮影しますと、端部がミルフィーユ状に浮き上がってしまっている層表剥離状態になっています。
この状態で、表面の再塗装をしたとしても表面が剥離してきているので意味がありません。
パミールの再塗装は不可能なのです。
切妻屋根ですが、両面とも表層剥離を起こしています。
10年ちょいでこのような状態なので、これは製品の不具合で、製造元に責任があると、メーカーに問い合わせても、メーカーはこれは経年劣化で製品に問題はないとの見解なんです。
「それはないやろ!」と言いたいとこですが、このことで雨漏りを起こす訳でなく、10年経過したのだから製品としての性能は全うしたということで、このような状態になったのは経年劣化で、この製品は20年を保証するとかしている訳ではないとの事なんです。
ケラバ部の2段目がズレてしまってます。
しかし、この屋根材を選んだお客さまは他の屋根材と同じくらい20年程度持つと思って選んだのだから、憤りがあるも理解できます。
この表層剥離とは別に、このパミールでは釘の劣化腐食と言いう現象も多くみられ、釘が朽ちてしまってパミール本体が抜け落ちるという事例も多く報告されています。
そのことに対してニチハは、釘を製造して納品していた会社の製品のラスパート処理が薄かったとして、この件に関しては釘メーカーに責任を押し付けています。
ただ、釘が早く劣化するのも、このパミールの重なり目に入った雨水の排水性が著しく悪く、いつまでも濡れた状態で釘に水分が接触している状態が多いという、専門家の見解も多いのですが、メーカーは認めません。
パミール本体が表層剥離を起こしています。
現在、メーカー側の対応としてはニチハが販売するシングル材の「アルマ」という屋根材を現状のパミールの上からカバー工事を推奨しており、このカバーする分のアルマ本体を無料で支給してくれます。
しかし、それに伴う板金部材、施工費などは一切入っておりませんので、それはお客様負担となっており、まだまだ納得できる内容ではありませんね。
当社では、この無料支給の対応もさせて頂きますし、今後このような事のないリフォーム工事の提案もさせて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

昨年の台風21号の被害でまだブルーシートが掛けられた家があります。

昨年の台風21号は大阪全域で大きな被害をもたらしましたが、私どもの商圏である門真、守口、寝屋川、枚方、交野、大東、四条畷などでは、ブルーシートが掛かった屋根をほとんど見る事がなくなり、おおかた復旧工事は完了したと思われますが、大阪南部の被害...........

8階建てのマンション屋根の点検作業です。

門真市の7階建てマンションの屋根の点検を行いました。このマンションは階段で屋根までいけるし、勾配も緩く軒部分は大きな箱樋形状になっているのでそれほど恐怖感なく屋根点検することができました。屋根材は、旧松下電工のアルデージュという石綿スレート...........

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060