オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

枚方市でセキスイU瓦で葺かれた屋根の点検を行いました。


枚方市でセキスイU瓦が葺かれた屋根の点検のご依頼を頂きました。
セキスイU瓦は、1970年に積水化学工業㈱が製造販売を開始し、波型石綿スレートの薄い波型の屋根材として、カラーベスト屋根や瓦棒屋根上からカバーできる屋根材として販売され拡販されました。
その後、屋根瓦事業は子会社の積水屋根システム㈱に引き継がれアスベストの法改正を見越して、1990年からノンアスベスト化をして、販売されましたが、このノンアスベストの石綿が入ってないセキスイU瓦は非常に耐候性が悪く、10年以上を経過すると割れや、表層の剥離などがみられ、屋根点検時には歩けないほどボロボロな状態になり、メーカーの製造責任を問う社会問題となりました。
生産は2007年に中止になり、2013年には積水屋根システム㈱も解散、屋根材事業からは撤退をしてしまったため、現在では手に入らない瓦になっています。
セキスイUかわらの塗膜が剥がれていますね。
このお宅は下屋根だけがセキスイU瓦で葺かれてあります。割れなどは見られませんが、表面の塗膜が剥がれてるのか白くってますね。
ノンアスベストになったセキスイU瓦は、非常に脆くなっている場合がり、屋根上にあがると割れてしまうことがありますので、屋根上に載ったバルコニーから点検をいたしました。




セキスイU瓦の平部の本体はほとんどが色が剥がれてしまっています。
セキスイU瓦は新築にも使われることもありましたが、基本的にはリフォーム用の用途が多く、劣化したカラーベストや、瓦棒屋根の上から葺かれることが多かった瓦です。
勾配が緩いので、セキスイU瓦の重なり目にも埃などが詰まっています。
先ほども書きましたが、このセキスイU瓦の下には別の屋根があることが多く、点検時にこの辺りをよく確認しなければなりません。
このセキスイU瓦の下にカラーベストがある場合、そのカラーベストも含めてどうするか考えなくてはならず、カラーベストも撤去するとなると、2重に撤去、処分費用がかかってしまうのです。瓦棒の場合はコンパネ野地が必要になりますし、その工事費用も掛かってきます。
セキスイU瓦の本体の表面の色が剥がれています。
現状、セキスイU瓦のリフォームは、代替する瓦が手に入らないので、基本的に撤去処分し、新しい屋根材を葺くのが一般的です。
新しい屋根材にはガルバリウム製の横葺屋根材が軽量で使用されることが多いようです。
下屋根上には、アルミのバルコニーが屋根上の載っています。
この下屋根にはもう一つ問題あります。
この屋根上に載っているアルミ製のバルコニーです。
この屋根を改修するにしても、このバルコニーが邪魔になってしまいます。
しかし、これを撤去して、また再取り付けするとなるとかなりの手間の費用がかかるので、これをどうするか考えなくてはいけません。
バルコニー下の隙間ですが、とても仕事ができる高さではありません。
セキスイU瓦から、ガルバリウム鋼板の横葺屋根材にしますと、波形状ではなくフラットになりますので、波型の分5cmほど下がりますので、少しは空間があきそうです。
また、このバルコニーは床が外れそうですので、これを外せば、何とか作業が出来そうです。
このように後付けのバルコニーが屋根上に干渉している場合は、屋根材を交換する場合にも障害になることがあるのです。
片棟部分はセキスイU瓦用棟瓦で仕舞がしてあります。
屋根の端部は片棟屋根形状になっており、棟瓦で仕舞がされてますね。バルコニーの足がケラバ部分までかかるので、少し工事が大変ですね。
セキスイU瓦の棟瓦です。
反対側は、招き屋根形状で棟仕舞になってます。
セキスイU瓦や、ブルック瓦などは20年程度しまると基材がボロボロに劣化して剥がれたり割れたりしていることが多く、見た目に割れ等がなくても、再塗装はやめておかれた方が賢明です。
すぐに表面が剥がれてしまっては塗装しても意味のない工事になってしまいます。
セキスイU瓦や製造中止になった瓦などは、そのことに詳しい専門業者に確認することが大事です。
「街の屋根やさん 大阪門真店」では、瓦に精通したスタッフが丁寧にご説明、そして最適なご提案をさせて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060