オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 物置小屋の屋根をセメント瓦からコロニアルクァッドに葺き替え


寝屋川市のI様より、築40年の物置小屋で雨漏りしているので、「解体しようか?」「このまま維持しようか?」ご相談がございました。
現状を確認するべく日程調査し、お伺いしました。
I様によると、先祖代々からの建物で以前は小屋で生活をしていたそうです。
解体してしまうのはどうなのか・・と迷っておられました。
さっそく、屋根状態を見ていきます。
厚型スレート瓦(セメント瓦)
最近では珍しい厚型スレート瓦で葺かれていました。
最近では差し替え工事で時々使う程度です。
別名、セメント瓦スレート瓦ともいいます。
セメントと砂を1:2の割合で混ぜ脱水加工形成してできています。
メリット・・厚みのある形状や素材特性から日本瓦と同じ遮熱性を日本瓦と比較して15%~25%価格が安いです。
デメリット・・日本瓦と同等の重量があるため屋根重量が増し耐震構造には不素材そのものの耐久性は30年~40年と高いが、塗装性能が直射日光や雨、風により10年~15年で劣化し再塗装しないと雨水がしみこむ為、メンテナンスコストがかかります。
波板で補修していた
雨漏りの度、I様自身で波板をあてるなどの補修をされていました。
それでも雨漏りは止まりません。

屋根は非常に危険ですので、専門の業者さんに見ていただくことをおすすめ致します。

点検後、I様には軽量瓦(コロニアルクァッド)での屋根瓦葺き替え工事をご提案させて頂きました。

悩んだ結果、後日ご契約いただきまして、完工しましたので、工事内容をご紹介させて頂きます。
既存瓦の撤去
まずは既存の瓦(厚型スレート瓦)を解体していきます。

構造用合板(12mm)貼り
下地に構造用合板(12㎜)を貼っていきます。
ルーフィング貼り工事
ルーフィング(防水紙)を貼っていきます。

平行谷板金の取り付け工事
平行谷板金を取り付けていきます。
スレート瓦葺き上げ工事
スレート瓦を葺き上げました。
KMEWさんのコロニアルクァッドという種類になります。
カラーベストとも呼ばれています。
瓦一枚につき専用の釘4本で止めていきます。
スレート瓦葺き上げ工事完成
棟(むね)板金を取り付けました。

葺き上げ工事の完成です
これで雨漏りの心配無くお過ごしいただけます!
工事完了後、工事中・工事後のお写真でご説明にあがらせて頂きました。
細かく説明していただいたのでわかりやすかったです。とお言葉をいただきました。
弊社では、屋根点検時や、完工後にどのような状態か、どのような仕上がりになったのかをお写真でご確認して頂いております(^^)/

屋根点検・お見積り無料でさせて頂きますので、ご相談などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
街の屋根やさん 大阪門真店 0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060