寝屋川市の塩焼き瓦屋根の瓦が落下、現場調査に伺いました。


屋根全景
寝屋川市にお住まいの方から瓦が落下してきたとお問い合わせをいただき、早速屋根の上に上らせていただきました。 瓦の表面が凍害により剥がれ落ちておりますが今回落ちてきたのは棟ののし瓦です。
写真で見る限りでは棟も真っ直ぐに見えて崩れているようには見えません。
この瓦は大変滑りやすい瓦なので、私自身が落ちないように気を付けて点検していきました。
のし瓦
発見今回この個所の瓦が下まで落ちていました。
一度転がるとこの瓦はよく滑るので止まらないのが特徴です。
その隣の瓦も屋根土と剥離していますのでかなりずってきております。
kawara落ちかけ
反対面に回ってみてみるとこちら側も落ちる一歩手前まできています。
棟がすべて崩れているならば雨漏りをしていたかもしれないですが、今の段階では瓦下の屋根土が雨水を吸ってくれて、天気になれば蒸発してくれます。
ただし屋根土も水と共に削れて無くなってしまいますので放っておくと雨漏りに繋がる可能性があります。


鬼瓦
日本瓦なので両サイドには鬼瓦がついています。
あまり違和感はなさそうですが、この鬼瓦は倒れています。
もしかすると鬼瓦を緊結している銅線が切れている可能性があります。
鬼瓦は重量的にも重たいものですので、これが落ちるとかなり危険です。

瓦ずれ
最後に矢印部で分かるように地瓦が全体的にずっています。
これ以上下がると確実に雨漏りが生じます。

今回は1枚の瓦の落下から始まりましたが、屋根に上り点検したところ他にも危険な箇所の発見があり、放っておくと雨漏りになる状況も点検により分かりました。
お客様には棟瓦の撤去から7寸丸瓦に変えること、地瓦を元の位置までつき上げる工事及び凍害による凍て瓦の差し替え工事を提案させていただきました。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

昨年の台風21号の被害でまだブルーシートが掛けられた家があります。

昨年の台風21号は大阪全域で大きな被害をもたらしましたが、私どもの商圏である門真、守口、寝屋川、枚方、交野、大東、四条畷などでは、ブルーシートが掛かった屋根をほとんど見る事がなくなり、おおかた復旧工事は完了したと思われますが、大阪南部の被害...........

8階建てのマンション屋根の点検作業です。

門真市の7階建てマンションの屋根の点検を行いました。このマンションは階段で屋根までいけるし、勾配も緩く軒部分は大きな箱樋形状になっているのでそれほど恐怖感なく屋根点検することができました。屋根材は、旧松下電工のアルデージュという石綿スレート...........

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060