交野市 数ヶ所から雨漏りがしているお家の屋根調査を行いました


交野市のお客様より、各部屋から雨漏りがしているので屋根点検をしてほしいとお問い合わせがありましたので、現場調査へお伺いしました。

早速屋根の上に上がらせていただきました。
お客様の屋根は瓦屋根と、瓦棒でできていました
瓦屋根と瓦棒
瓦棒部分は経年でサビが目立ちます。錆びてしまうと穴が開いて雨漏り原因となってしまう恐れがあります。
塗装で対応できないこともないのですが、ここまで錆びていますと塗装しても長持ちしませんので、今後の事も考えまして、ガルバリウム鋼板での立平葺きをオススメさせていただきます。
のし瓦割れている
屋根で最も重要な箇所、棟(むね)部分の瓦が割れて無くなっていました。割れているのはのし瓦という瓦です。
この部分は雨漏り原因と考えられます。

・・屋根面の合わさった山折りの部分
漆喰の剥がれ
棟部分の漆喰(しっくい)が剥がれていました。
漆喰が剥がれると、下に土が見えてきます。この土には防水性がなく水分を吸水してしまうので雨漏りに繋がったり、棟を崩していく恐れもございます。
漆喰には定期的な塗り替え工事が必須です。
モルタル壁
壁がモルタルでできていたのですが、この部分も雨がつたい、雨漏りの原因と考えられました。
壁際の瓦を一旦はがして、モルタル部分をガルバリウム鋼板で包み、モルタルに雨水がつたうのを止める工事をご提案させていただきます。
瓦を剥がしてチェック
瓦を4枚剥がして、下地のチェックをしました。下に敷かれている土がなくなっている部分は雨水が通った証拠です。土がサラサラになっていました。

雨漏りが各部屋からしていると言う事でしたが、点検した所、やはり色々なところに雨漏り要因を発見できました。
お客様にその旨をお伝えさせていただき、工事のご提案をさせて頂きます。工事が決まりましたらブログにて工事内容を更新させていただきます。ありがとうございました

【街の屋根やさん 大阪門真店】0120-198-060

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

カラーベスト苔
MFシルキー完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約65万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

東大阪市門屋補修前

ここの、角の部分に、トラックがバックでぶつかったのですが、瓦だけでなく木の土台や雨樋にも当たっています。

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

門真市雨漏り現状

門真市で屋根の雨漏り補修工事を行いました。いぶし瓦の屋根で1階の下屋根から流れる雨が2階の壁に当たり1階に雨漏りが起きていました。雨漏りの原因と対策をご紹介します。是非ご参考ください。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060