寝屋川市の和型いぶし瓦の立派な居宅の谷板金を交換しました。


谷部の銅板に穴があいてます。
昔の立派な数寄屋造りのお宅などには、高価な銅板が多様され谷板金にも銅が使われることが多かったのです。それは、柔軟なので曲面にもなじみやすく、また最初は光り輝き、家を立派にみせ、やがて緑青に覆われて落ち着いた趣を醸し出す銅は重宝されたのですが、ここ近年の酸性雨などの影響で劣化が早く、いつも雨水があたるところでは穴などが開いてしまい雨漏りを起こす事もあるのです。
穴が開いた銅板はそのままにはできないので、瓦を外して新たにガルバリウム鋼板製の谷板を取り付けて改善を図ります。
谷部の瓦を外して行きます。
まずは谷部の瓦を外して行きます。瓦の下には土がどっさりですね。土は谷部の板金の上に乗せています。昔はこれが当たり前だったのです。
谷部の瓦を外して土を取ります。
左右とも瓦を外しましたが、瓦はまた谷板金を入れ替えたあと使いますので、どこのあった瓦かが解るように、重ねて整理しておきます。
雨の後だったので、谷銅板の上にある土はまだ湿っており色が違うのがわかります。

谷部分の土をすべて取り除きます。
そして、どっさりあった谷部分の土を取り除きます。これだけでも凄い量ですので大変な作業です。
ガルバリウム鋼鈑の谷板金を取り付けます。
今回は銅の谷板が軒先の平葺銅板と接合していますので、外さずに上からカバーでガルバリウム鋼板製の谷板を取り付けます。その際、電蝕しないようにルーフィングを挟み込んで取り付けます。
谷板ギリギリでナンバン漆喰を盛ります。
前は土が谷板の上に乗って施工してましたが、谷板は雨水が流れるところなので、際でナンバン漆喰を盛って瓦を復旧していきます。
瓦を復旧して、谷入れ替え完了。
全ての瓦を葺き戻して、崩した棟部なども復旧して完成です。
谷部というのは、水の集まるところなので一番雨漏りを起こしやすい箇所ですので、早めのメンテナンスが家を守る秘訣です。
銅板の谷板金の方は一度点検されたほうがいいですよ。。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

青い陶器釉薬瓦のお宅です。

門真市で葺かれてから40年近く経っている和形釉薬瓦の青緑色で葺かれたお宅の屋根点検、調査を行いました。年数も経っていますので、面戸漆喰などの漆喰類が劣化して剥がれかけたり、剥がれたりしていたり、瓦にズレなどがみらたりと、だいたいいつもと同じ...........

パミールの表層剥離状態です。

門真市でニチハ・パミールで葺かれた屋根の点検を行いました。ニチハパミールは大手外装材メーカーのニチハが1996年から2008年まで販売していた屋根材で、これまでこの手の彩色スレート瓦に入っていたアスベストを無くし、ノンアスベスト屋根材として...........

割れた平板瓦を外します。

交野市で屋根上に立てられた、テレビアンテナが台風の強風で倒れて、屋根の陶器平板瓦を割ってしまったので、その割れた平板瓦を交換させて頂きました。かなり建ち方が高い鉄骨3階建の住宅で、これだけ高ければ私たちがいつも使用する梯子では、とても届かな...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060