オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 瓦棒の下屋根の上に新たに野地を貼り、ガルバリウム鋼板の立平葺でカバー工事をしました。


寝屋川市で下屋根の瓦棒が劣化しているので、何かいい方法はないかとのご依頼を受け、現地確認しますと、大屋根は旧松下電工のニューウェーブⅡという瓦で、こちらは問題はなかったのですが、下屋根の瓦棒部の隅棟板金が2か所ほど、テープで養生してあり、昨年の台風21号で飛散してしまったとのことでした。
工事は、既存に瓦棒を剥がさずに、その上にコンパネで新たに野地を作成して、ガルバリウム鋼板の立平葺をするという工事をさせて頂きました。
下屋根がぐるっと回っているお宅で、かなり複雑な形状でしたので、かなり手間がかかりましたが無事仕上げることができました。
下屋根の瓦棒が台風の被害で棟が飛んでしまっています。
下屋根部分が瓦棒葺の屋根です。結構年数も経っていて、塗装などの塗り直しも何度か行っていたようです。ベランダ上のブルーシートはベランダ上の波板が飛散してしまったためです。
隅棟が台風で飛散して、テープなので養生してあります。
下屋根瓦棒の隅棟の棟包板金が昨年の台風21号で飛散してしまったとのことで、自分でシートやらテープで養生をしたそうです。
既存の瓦棒をめくらず、垂木を這わして新しく野地を打ち付けていきます。
まずは、既存の瓦棒の桟部分に這わして垂木を打ち付けます。
12mmのコンパネを貼って、新しく野地を作ります。
その垂木に打ち付けるように、12mmのコンパネを貼って新らたな野地を作成していきます。
ここまですると、どんな屋根材でも葺けそうですが、屋根の勾配が緩いので、立平葺などでないと対応ができません。
ゴムアスルーフィングを貼って、軒先カラクサ板金を取り付けます。
新しく貼った野地コンパネの上からゴムアスルーフィングを貼って防水します。
立平板金を葺上げていきます。
そして、ガルバリウム鋼板製の立平を葺き上げていきます。
立平葺の工事が完成しました。
壁際の板金を取り付け、変性シーリングをして立平葺の完成です。ベランダの排水口廻りも板金を加工して、きれいに仕上がりました。
段差のある部分の仕舞もキレイに仕上がりました。
屋根の段差があった部分も。立平板金を立ち上げ、隙間を同色の板金で仕上げてますので、一体感のある仕上がりになりました。
立平葺の完成後、軒先に流れた雨水がと樋を飛び越えないようカバーを取り付けます。
飛散していた隅棟もこの通りに。。
更に軒先部分には、鋼板が新しくなると雨水の流れが良くなるので、樋を飛び越してしまい、樋に雨水がはいらなくなるので、軒カバーを樋つけて、樋内に雨水を落としてやるように取り付けました。
古くなった瓦棒の場合、メンテといえば塗装になるのですが、錆などが多く出ていたり、破損個所がある場合などは、このように新しく野地を作って、新たな屋根材で仕舞をするというのも、工事中の雨漏りの心配もないですし、屋根が二重野地になりますので、防水も二重、外から熱対策にもいくらか貢献できると思いますので、瓦棒屋根のリフォームには、立平葺のカバー工法、お勧めします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 立平施工後

守口市の工場屋根を、既存の屋根材の上から重ね葺きをするカバー工法で工事を行いました。以前の屋根はアスファルトシングル材ですが、次使用したものはガルバリウム鋼板の立平板金を使用します。

kadomasiasiba

工事は3日間で行いました。その初日は鉄骨足場を組んでいます。3階建ての切妻屋根ですが、一部急こう配の箇所があるため部分足場で組んでいます。

ハシゴを掛けて、2階屋根に上がります。

枚方市のお客様で、7年前ほどに棟包板金が中の貫板が腐食して保持力がなくなり棟包板金が飛散して、その周辺の野地板も腐食していたので、併せて野地板とその周辺のカラーベストを交換したことがある家なのですが、それから、今度は一昨年の台風で別の部分の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060