寝屋川市の工場で、コンパネで2重野地にした屋根をガルバリウム鋼板の立平で葺きあげました。


昨日は、既存の瓦棒の上から垂木を這わせて、12mmのコンパネを貼り付けていって、新しい野地を作成しゴムアスルーフィングまでした工事の模様をブログで紹介しましたが、今回はその上から葺き上げた立平葺の工事についてご紹介いたします。

下地コンパネ工事の様子はこちら
http://roof-kadoma.com/blog/sitaji20191105.html
コンパネ下地の上からゴムアスルーフィングを貼ります。
昨日は、瓦棒の上から下地コンパネを施工し、ゴムアスルーフィングを貼るところまで施工しました。
本日は、ガルバリウム鋼板の立平を葺き上げていきます。
立平板金は、軒から棟までの1本ものですので長いです。
まずは軒先と、ケラバのカラクサ水切を取り付けて立平板金の荷揚をします。
瓦などでしたら、瓦揚げ機を使用するのですが、立平板金は軒先から棟際までの長さの1本ものになりますので、足場からの手揚げで行います。
軒先から棟際まで継手なしで取り付けますので、緩勾配でも施工できるのです。
長さは15mぐらいまでは工場からトラックで運ぶことができますが、それ以上になると現場にて加工する機械を設置して工事します。
まぁ、そこまでの長さの物を使用するのは、大型商業物件とかの場合が多いですが。
立平板金をビスで留つけて、嵌合部をはめ込んでいきます。
棟際に棟包板金を取り付ける木桟を打ち、立平板金を立ち上げて止水するように加工して、ビスで留めつけて行きます。
立平板金を葺上げていきます。
嵌合部の横をビス止めして、そこに立平板金の嵌合部を押し付けるとカチっとハマって抜けなくなります。
立平板金を葺き上げて、嵌合部を保護するビニールを外していきます。
立平を平部全体に葺上げました。今回の色はシルバーブラックで銀黒のような色になります。写真では黒っぽく映ってしまいますね。
2重野地になって上がった分、ケラバの小口も板金でカバーします。
2重野地にしたので、ケラバ側も40mmほどあがるので、カバー板金を取りつけてカラクサ水切を取り付けます。
棟包板金を留めつける、下地木をビスで取り付けます。
棟包板金を留めつける、下地木の貫板を事前に棟際に取り付けてあった、木桟に留めつけて行きます。
棟包板金の結合部は2乗コーキングで、防水&接着です。
棟包板金を板金ビスで留め付け、接続部には2乗コーキングで止水&接着を行います。
立平葺が完了しました。
これで立平葺が完成しました。シンプルな意匠ですので、切妻屋根はスッキリとしていいですね。
これで、雨漏りの心配もありませんし、この屋根の下でのお仕事も捗りますね。

この工場の工事は、これで終わりではなく壁の金属サイディングの工事、樋の交換がありますので、順次ここで紹介して行きたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

交野市 カラーベスト屋根のカバー工事をカレッセで行いました

施工前写真
カレッセ使用でカバー工法完成写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

パミールの表層剥離状態です。

門真市でニチハ・パミールで葺かれた屋根の点検を行いました。ニチハパミールは大手外装材メーカーのニチハが1996年から2008年まで販売していた屋根材で、これまでこの手の彩色スレート瓦に入っていたアスベストを無くし、ノンアスベスト屋根材として...........

下屋根にもガルテクトを葺上げ、壁際の仕舞をします。

大阪市西成区の住宅密集地の元は連棟長屋だと思われる平屋のシングル材が葺かれた屋根に、ガルバリウム鋼板製屋根材のスーパーガルテクトをカバー工法で工事致しました。前回のブログで、下葺、スーパーガルテクトの葺上工事までご紹介しましたが、今回はそ以...........

軒先の方がシングルで、途中からフルベストになったハイブリットな屋根です。

大阪市西成区の住宅密集地で、もとは長屋の平屋だった家で、両隣はすでに2階建てなどに建て替えられており、60年間そのままのこの平屋はガレージに改装して使用されております。その為に増築などが重ねなって野地が途中から勾配が変わっていたり、屋根材が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060