門真市 ソーラー温水器の固定するワイヤーによって瓦が押し上げられている屋根の調査を行いました。


門真市で葺かれてから40年近く経っている和形釉薬瓦の青緑色で葺かれたお宅の屋根点検、調査を行いました。
年数も経っていますので、面戸漆喰などの漆喰類が劣化して剥がれかけたり、剥がれたりしていたり、瓦にズレなどがみらたりと、だいたいいつもと同じような経年劣化の症状が見受けられたのですが、この屋根には瓦の上に屋根上に太陽光でお湯をつくるソーラー温水器が載せられておりまして、これは瓦を葺かれてから後で設置するものなので4隅からワイヤー張って固定するのですが、このワイヤーによって瓦が上方向に押し上げられている状態が確認できました。
青い陶器釉薬瓦のお宅です。
建物は2階建ての和形釉薬瓦葺きで、梯子も直接屋根まで掛ましたので、なんなく屋根に上れます。
屋根には温水ソーラーが載せられています。
屋根は昔よく葺かれてた青い陶器瓦で、色名は「青緑」(せいろく)と言います。
屋根には、よく見かける太陽光温水器が鎮座しております。
太陽光温水器またソーラー温水器という装置は、文字通り太陽から降り注ぐ電磁波で発生する輻射熱を利用してこの装置にあげた水を温める装置で、かなり昔からあり訪問販売などで拡販されてきたようです。
この装置、夏場は高温になりお湯としてお風呂などにも活用できるんですが、冬場はソーラー本体が金属やガラスなのでその温度の伝導により、20度程度にかなならず、灯油ボイラーで加温しなければならないという商品で本体費用の割には、エネルギーや光熱費の削減にはならず、屋根瓦上に重い装置とその上大量の水を入れるわけですから、あまり屋根の為にはならない商品なんです。
一時、上記に書いたことが原因で購入されることが売れなくなっていたのですが、太陽光ソーラー電池の普及などのエコブームでまた脚光を浴びだしたという商品なんです。
温水ソーラーを引っ張る鉄線が軒瓦を持ち上げてしまってます。
この太陽光温水ソーラーは本体の四隅から鉄線などで引っ張って固定するのですが、カラーベストなどでは棟部などに釘を打ち込んだりして固定したりすることがあるのですが、瓦になると釘を打ち込むこともできず、破風板部分や、樋の金具に固定したりすることが多いのです。
今回は、樋の金具に固定しているのですが、本体がズレたのかその鉄線が引っ張られて、軒先の瓦を持ち上げてしまって、その上の桟瓦まで持ち上げてしまっている酷い状態になってました。
これでは、軒部分に雨が入って雨漏りを起こしたりしてしまうかもしれないし、樋の金具もここまでの力がかかるように作られていないので、最悪折れてしまて温水器本体が大きくズレてしまう可能性もある危険な固定の仕方なのです。
棟の面戸漆喰は全体的に剥がれ落ちてしまています。
その他の部分を見ましても、やはり年数も経ってますので経年劣化した面戸漆喰が剥がれてしまっています。

棟の面戸漆喰がボロボロです。
こちらも完全に剥がれてはいませんが、漆喰が剥がれかけていますね。
面戸漆喰はこれ自体で雨水を防水するものではなく、棟積みに使われる土を保護する化粧材的な役割なのですが、でもこれが剥がれたりすると、葺土が露出してしまい雨で土が削られたり、雨水が浸透しやすくなり雨漏りに繋がったり、棟のズレや崩れになる場合もあるので、漆喰のメンテナンスは和瓦屋根には必須なのです。
大体、10年~15年のサイクルでメンテナンスを行うのが、理想だと考えます。そうすると、日本瓦などの陶器瓦50年近く屋根を守ってくれますので、カラーベストなどで10年置きに塗り替えを行うより、ランニングコストは安く上がるのです。
庇板金もここまで錆びてしまうと、塗装ではダメですね。
その他、庇板金などもかなり錆がでてます。ここまで錆びてしまうと今後の寿命も考えますと、ガルバリウム鋼板で張替えた方がいいですね。
ベランダ上の塩ビ波板も劣化して穴があいていますね。
裏側ベランダ上に設置されている塩ビ波板もかなり劣化して穴が開いています。この状態ですと、かなり雨が入ってくると思うので、これも塩化ビニール製ではない、より強度が高く、耐候性の強いポリーカーボネイト製の波板に張替えをお勧めします。
築40年程度経った屋根は何かしら劣化などの問題が起こっていることが多く見られます。そのまま放置してしまいますと、より劣化を招いて、より補修費などがかさんだり、最悪は葺替工事しか方法がない状態になっていることもよく見られます。
屋根は屋の根と書かれる通り、家では重要な部分なのです。
最低でも10年に一度は点検をすることをお勧めします。
車でも故障など防ぐ為に点検メンテナンスが必要なように、屋根もメンテナンスを行うことにより長持ちをさせることができます。
屋根の無料点検は「街の屋根やさん 大阪門真店」までお気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 利根丸下の瓦を交換するには一度解体する必要があります

応急処置
平瓦完成
工事内容
屋根補修工事
使用素材
和瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

門真市 マンションの屋上でウレタン防水工事を行いました

屋上全景
トップコート
工事内容
防水工事
使用素材
ウレタン防水
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

門真市 破損した和瓦屋根の端3列の葺き直し工事を行いました

工事前
完成写真2
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
釉薬瓦
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

昨年の台風21号の被害でまだブルーシートが掛けられた家があります。

昨年の台風21号は大阪全域で大きな被害をもたらしましたが、私どもの商圏である門真、守口、寝屋川、枚方、交野、大東、四条畷などでは、ブルーシートが掛かった屋根をほとんど見る事がなくなり、おおかた復旧工事は完了したと思われますが、大阪南部の被害...........

8階建てのマンション屋根の点検作業です。

門真市の7階建てマンションの屋根の点検を行いました。このマンションは階段で屋根までいけるし、勾配も緩く軒部分は大きな箱樋形状になっているのでそれほど恐怖感なく屋根点検することができました。屋根材は、旧松下電工のアルデージュという石綿スレート...........

ブルーシート劣化

昨年の台風21号後におそらくブルーシートを貼り、養生をしていたと思われますが写真のようにブルーシート及び飛ばないように押さえていた土のう袋が劣化してボロボロになっていました。瓦の上に砂が流れ落ちて、放っておくと雨漏りにつながるかもしれません...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060