オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市 昔よく葺かれた「セキスイU瓦」の屋根点検を行いました。


セキスイU瓦です。
40年程前に発売され、15年前ぐらいまで発売されていた「セキスイU瓦」テレビでCMなんかもされ大手メーカーが生産していることもあり、多くの屋根に使用されました。
この瓦の特徴はリフォームで使える瓦で、今ではよく工事されるカバー工事のはしりの屋根材だったのです。
古くなったカラーベストや瓦棒葺のを剥がさずに上から葺けるとのことで、非常に高価な瓦でしたが、波型の重厚感と軽量なところが受けて、よく売れた瓦なのです。
しかし、この「セキスイU瓦」当初はアスベスト入りの材料だったのですが、法律改正のかなり前にノンアスベストを打ちだし、アスベストゼロの屋根材として販売したのです。
メーカーとしては、かなりの試験をしての発売だったのでしょうが、20年ほど経つと割れ等が起こり、表面がボロボロになってきたりして、再塗装などはできないので、葺替工事なども多くなってます。
谷部の部分が放射上に割れています。
このセキスイU瓦は吊子という金具で軒先を留めるので、風で浮き上がらないようにできているのですが、その吊子部分が割れてきておりまして、谷部分も放射状に割れをおこしてます。
横割れを起こしています。
こちらは、隅棟際の瓦が横割れを起こしています。波型の瓦の場合、踏み割れとかで縦割れを起こすことがありますが、横割れというのは、あまり起きません。
吊子のとこから縦割れです。
波型の山の上にある吊子付近から縦割れを起こしています。吊子で押さえつけるので、経年によりその力に耐えられなくなり割れてしまうのでしょうね。
棟際のU瓦がささくれています。
棟際のセキスイU瓦が剥離した状態になってますね、、、

もうこのセキスイU瓦は生産、販売はしてませんし、それを生産販売していた積水屋根システムも解散してしまいました。
葺かれてから20年近くは雨から家を守っているし、20年も経てばメーカー責任は問われないんでようけど、
施主様はちょっと納得いかないですわねぇ、、、

特にこのセキスイU瓦はカラーベストの上からカバーで葺かれることが多いので、セキスイU瓦をメクればカラーベストがでてきて、またそれも解体するとなると、ダブルで解体費用が、、、
しかもアスベスト含有品なら、処分費用も更にかかってしまいますよね。。

このように、新しい瓦をたくさん発売されるのですが、20年後どうなっているかはわからないんです。
それぐらい、紫外線と雨風を受け続けるということは過酷なんですね。

その点からも、葺替には30年程度の実績があるものなんかを選ばれると、このリスクは回避できます。
そんな瓦選びから、「街の屋根やさん 大阪門真店」は親身成ってアドバイスさせて頂きますよ。。
お気軽にお問合せ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060