オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

寝屋川市で雨漏り、経年劣化で傷みが進んだ屋根の調査に伺いました。


天井のシミ
屋根に上る前に部屋の中の雨漏りを確認させてもらいました。
かなり大きなシミが出来ていました。
ここの箇所以外にもあと2箇所で同じ様なシミがありました。
屋根全景
早速屋根に上らせて頂きました。
2階建ての家なので怖くは無かったです。
パッと見た感じでは異常がなさそうに見えますが、よくよく見てみるとかなりの劣化がありました。
瓦割れ
先ず目についたのが棟際の地瓦が割れていました。
先程の天井のシミがあった付近です。
雨漏りの中でもわかりやすい原因ですね。
雨漏りあと
割れた瓦の下をめくってみました。
やはり屋根土は湿っていて、下地のトントン板と言う杉の薄い下葺き材はビショビショでした。
そこから下の谷板金の中に雨水が浸入して、雨漏りに繋がったと思われます。

谷瓦状況
反対側の谷板金付近です。
谷板金は現在のようにガルバ鋼板やステンレスではなくて、ブリキの谷板金ですので、元の色が何色かわからないくらいにサビが生じていました。
ここまでサビが生じてしまうと、自然と穴が開いてくる可能性があります。
裏面地瓦状況
裏面の瓦状況です。
至る所に凍害による瓦があり、本来なら真っ直ぐに並んでいる瓦が右に左に向いていました。
あと全体的にズレが生じており、瓦の重なりがほとんど無いところもありました。

棟瓦状況
アンテナ下の棟の下の瓦状況です。
漆喰が剥がれ落ちており、雨に叩かれて台土が流れてしまい、空洞になっていました。

地瓦浮き
隣との取り合い付近の瓦も瓦がずれていて今にも飛んでいきそうになっていました。
今回は瓦を全てめくり、下地を補強して軽い板金屋根に葺き替えることを提案させて頂き、後日工事をすることになりました。
有難うございました。

この工事の現場ブログ

軒先水切り

2017/11/20/ 寝屋川市で日本瓦からMFシルキーに葺き替え工事をしました。

昨日までに下地のコンパネ貼りが完了していましたので、屋根工事からです。先ず始めに軒先唐草板金をつけました。この板金に次の瓦が引っかかっていきます。

瓦解体

2017/11/15/ 寝屋川市で日本瓦から葺き替え工事、屋根解体~下葺き材まで施工しました。

既存の日本瓦を一枚ずつはがしていき、2階からはしごで下に瓦を下ろしていきます。下になるべく瓦や土を落とさないように、慎重に作業をしていきます。瓦の下には古い屋根土が敷きつめており、それも丁寧にほうきで掃きながら集めていき下におろしていきます...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060