小さな工事や部分補修工事をしている屋根修理業者をお探しの方へ



屋根診断 無料調査 素材
小さな工事や部分補修工事をしている屋根修理業者をお探しの方、街の屋根やさん大阪門真店にお任せ下さい!

弊社では、屋根点検・お見積り作成 完全無料です。

部分補修工事

谷板金の取り替え工事

before1
既存銅版状況
horizontal
after1
工事完了
こちらは、谷板金(たにばんきん)の取り替え工事のお写真です。
屋根でいう谷とは、屋根面と屋根面の斜面部分が合わさる箇所で、雨水を排水するために板金で排水路が作られている部分です。こちらの屋根では谷が銅板でしたので、穴がたくさん空いており取り替えることとなりました。
谷部分が原因での雨漏りはかなりの雨量が予想されますのでここまでなる前に定期的な点検とメンテナンスをしておりましょう。

最近では銅板ではなく、錆びにくく酸性雨にも強いガルバリウム鋼板を使用します。
現場ブログはこちらをご覧ください。

漆喰の塗替え工事

before1
漆喰解体処分
horizontal
after1
漆喰塗り替え
こちらは、瓦屋根の棟部分に施工されている漆喰の塗替え工事です。
漆喰(しっくい)に防水性はありませんが、棟(むね)に積まれています熨斗瓦(のしがわら)を積む際に使用された葺き土が雨水で流されないように保護する役割があり、一番はなんといっても美観です
漆喰は10年~15年で塗り替えのメンテナンスが必要ですので定期的に行い、いつまでも美しい瓦の屋根にしましょう。

現場ブログはこちらをご覧ください。

波板の張替え工事

before1
f357679e9782fb390191ff05c0914642-before-overlay
horizontal
after1
波板張替工事完成
こちらは、波板の張替え工事です。
ベランダの屋根や、駐車場の屋根に多く見られる波々になっている透明な屋根です。
台風などの強風で飛散する被害が多い箇所の一つです。めくれ上がっていたり、こていしているフックが外れている場合は点検・メンテナンスをおこない飛散による二次被害を回避しましょう。張替えの際は耐久性抜群のポリカーボネート製品を使用します。

波板の被害例や施工方法について詳しくはこちらをご覧ください。

塀瓦の修理

before1
塀のコーナーの部分の瓦壊れています。
horizontal
after1
塀瓦の補修が完了
こちらは塀瓦の補修工事です。
トラックが当たって、コーナーの部分が無くなって土が見えている状態です。
このままにしておくと雨水を土が吸い、塀瓦が崩れていく可能性がございます。人通りもある場所ですので二次災害はなんとしても防ぎたいので早急な修理が必要です。
屋根の瓦だけでなく、こうした塀瓦の補修も行っておりますのでお困りの方はご相談下さい。
工事ブログはこちらをご覧ください。