枚方市でモニエル瓦(コンクリート瓦)から陶器平板瓦のスーパートライ110タイプⅠに葺き替え致しました。


工事のきっかけ

雨漏りがするとお問い合わせがあり、屋根調査をさせていただきました。こちらのご自宅はモニエル瓦をご使用しておりましたが、モニエル瓦はもう製造が終わってしまっているため一部分の修繕ができません。またかなり劣化していたため今回は葺き替えをご提案致しました。
退色も少なく防災に適した陶器平板瓦スーパートライをお選びいただき、そちらを使用し葺き替え工事を行わせていただきました!

枚方市 屋根葺き替え,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
枚方市モニエル瓦施工前
horizontal
after
スーパートライに葺き替え工事致しました

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨漏り修理
施工期間
4日間
使用材料
陶器平板瓦スーパートライ110タイプⅠ
施工内容その他
築年数
35年
保証年数
10年間
工事費用
120万(足場含む)
建坪
25坪
ハウスメーカー
既存に葺かれているコンクリート瓦のモニエル瓦は、世界で一番使われているコンクリート瓦で、世界23か国に工場を持つ世界有数の企業の製品で、製品としての実績は素晴らしい瓦です。
日本にも40年ほど前から日本法人ができ、多くの屋根で葺かれてきましたが、少子高齢化で人口が減少する日本を見限ったのか、数年前に日本法人は突然解散してモニエル瓦は日本から消えてしまいました。
現在では、補修用に瓦を手に入れるのも難しなってきており、経年化したモニエル瓦は塗替えか葺替工事の選択になってしまうのです。
こちらのお客様は、雨漏りもしていらっしゃるとのことで葺替工事を御選択頂き、しかも最近では軽量な屋根材を選択されることが多いのですが、陶器の平板瓦の(株)鶴弥さんの「スーパートライ110」をお選び頂きました。
陶器平板瓦は、カラーベストなどより重量は重いですが、屋根の景観的な重厚感、そして陶器平板瓦は釉薬を塗って焼成するという屋根材ですので、茶碗などと同じで色を塗ったわけではないので、色が剥がれることはないのです。
つまり、塗替えの必要がないので、最初の費用はかさみますが、長い目でみるとランニングコストは安くあがるのです
コンクリート瓦のモニエル瓦を撤去します。
まずふるいモニエル瓦を撤去していきます。
モニエル瓦は瓦下に土などは敷いてなく、木桟に引っかけて並べて行く瓦なんです。だから、瓦を剥がす時も埃が少なくていいですね。
モニエル瓦は撤去して、下葺材のハイトンを露出させました。
すべてのモニエル瓦撤去が完了し、木桟と屋根下葺材のみになりました。
実は雨漏りの原因は、この下葺材なのです。
この下葺材「ハイトン」と呼ばれるビニール系の下葺材で、本来は土葺の下地材に使用され、土が上に乗ってるので屋根瓦が夏場などに高温になっても熱が伝わらなかったのですが、土を用いないモニエル瓦などでは、熱が伝わって、ビニールですから、縮んでしまって下地の野地が見えてしまっています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

枚方市 カレッセで塗膜の剥がれたスレート屋根をカバー工事しました

枚方市 工事前
完成写真1
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
カレッセ
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

e9ed96f83f112bd793d0b897bef605f8

大阪狭山市の葺き替え工事の現場ですが、前回では瓦の解体工事の様子をブログでご紹介させて頂きましたが、今回は続いての工事で、下地コンパネ工事の様子をご紹介します。昔の和形瓦は土と銅線で留めつけていましたので、杉板(通称バラ板)の野地でも大丈夫...........

2020-04-02-08.11.44

私の知り合いの方にご紹介頂き、昨年11月から商談、そしてご契約いただき、先週から足場の設置、そして本日、瓦の解体工事を行いました。大阪狭山市ということで、私ども街の屋根やさん大阪門真店からは遠く、基本テリトリー外になるのですが、工事のご依頼...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060