オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市北区で和瓦をリッジウェイという屋根材に葺き替え工事を行いました。


工事のきっかけ

1Fが店舗で、2Fの倉庫に雨漏りがするとのことで、屋根調査をしたところ、屋根瓦のズレ、割れ、板金の不具合など多数の不良個所が見つかり、瓦自体も40年前のものなので、葺き替え工事を提案させて頂きました。

大阪市北区 屋根葺き替え,棟板金交換,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
葺き替え工事前和瓦
horizontal
after
リッジウェイでの葺き替え完工後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,棟板金交換,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
ファイバーグラスシングル リッジウェイ(ハーバードスレート)
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
5年間
工事費用
約70万円
建坪
14坪
ハウスメーカー
大阪の有名な歓楽街の中の雑居ビルに挟まれた、今回の物件。下は1F店舗なのですが、2Fは倉庫でその2F部分に雨漏りがするとのことで、屋根調査を行いましたら、道路から見える外壁などはキレイなのですが、屋根はかなり古い瓦で、メンテナンスもされてなく放置されたままで、板金の錆、瓦のズレなどがみられ、補修では対処できないので、軽量で安価なシングル材の屋根材「リッジウェイ」で
葺き替え工事をさせて頂きました。場所が繁華街で昼間もオフィス街に近く、人通りも多い為、平日の作業は困難なため、人通りの少ない土曜日に工事を行わさせて頂きました。店舗の為、昼間は休業されているため、電源がとる場所がなく、これだけの繁華街の中なのに、発電機を使用しての1日で終わらせる突貫工事となりました。
板金が飛ばされ下地が見えている状態
軒先部のパラペット部の板金と瓦の仕舞が悪く、雨水が流れにくくなっております。過去に雨漏りを起こしたのか、コーキングで補修がされてますが、根本的な解決にはなっておりません。
板金の浮いた部分
隣のビルとの取り合いの板金も経年により、錆などがで朽ちてしまっています。
大棟部の漆喰剥がれ
棟の漆喰も剥がれ、中の葺土が流れてしまっており、また、瓦もズレて穴が開いた状態になっています。
和瓦のずれ、ゆがみ
瓦も塩焼瓦というもので、40年ほど前によく使われた瓦で、現在では生産してない瓦です。その瓦から葺かれた時期が推測されますので、約40年程度この屋根を守ってきたという訳ですが、ズレや割れなども出てきておりますので、そろそろ寿命ですね。お疲れさまということで、新たな屋根に替えることになりました。
和瓦をすべて捲り、撤去ました
まず、古い瓦を撤去、瓦の下に敷いてある土もキレイに取り除いて下地だけにします。この時代は下葺材に杉の薄い板を細かく貼り付けて、瓦の下の防水材としていたのですね。通称「トントン」と言いまして、小さな薄い杉の板を職人が小さな釘でトントンと打って止めて行ったので、その名前が呼ばれております。現在でもあるのですが、最近ではアスファルト系の下葺材がよく使用されます。
葺き替え工程野地板を張り増し
現在の野地板はバラ板という板を張り合わせたもので、陶器瓦など釘止めなどを多用しない当時ではよく使われていた野地ですが、この野地板では現在のように釘で留めつけて行く屋根材では保持力が維持できないので、この古い野地板の上に、新たにコンパネ合板を打ち付けて行きます。そのために、下地桟を打ってコンパネ合板を張り付けてゆきます。
防水するためのルーフィング
コンパネ合板を打ち付けたあとは、下葺材のゴムアスファルトルーフィングを張って、リッジウェイを屋根に上げました。
屋根材リッジウェイ
リッジウェイを施工していきます。リッジウェイはアスファルト系の屋根材で柔軟な材質ですので、浮陸が多いリフォームの屋根にも相性は抜群です。軽量で、実績も30年前からあり、特にアメリカなど世界中の多くの地域で使用されている屋根材です。
大棟板金を被せる
棟包板金はガルバリウム鋼板製の、棟包板金です。つなぎ目には2重コーキングをして、雨水の侵入を防ぐ効果を高めます。
隅板金
隣接するビルとの取り合いもガルバリウム鋼板を現場で加工し、大型板金を取り付けて、雨水がビルとの取り合い部分近くに行くのを防ぎます。
リッジウェイに葺き替え完工しました。
クーラーの配線をも元に戻して、屋根の完成です。これで、雨漏りもなくなり、安心して店舗の営業ができますね。
このように、繁華街や商店街など人通りの多いところや、車などの入りにくい狭小地などの、工事が困難そうな物件でも、知恵を絞って最適な工事方法などを模索、提案してゆきますので、お気軽にご相談下さい。

【工事完了後】

笠木板金もガルバリウム鋼板で加工しました。
笠木板金の屋根部分との取り合い箇所も新たにガルバリウム板金で加工して取り付けてました。
板金きれいに生き返りました
隣りのビルとの取り合い部分も大きなガルバリウム鋼板でカバー作成して取り付け、雨水が壁際にかからないようにしております。
ファイバーグラスシングル リッジウェイ葺き替え後
和瓦からガラッと雰囲気が変わり、シンプルな屋根に替わりました。リッジウェイは小割な石が重なったような意匠で、濃淡のある表面から光の加減から重厚感のでる屋根材で、最近では新築も、よく使われる屋根材です。軽量ですので、耐震などの屋根リーフォームにも最適です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 アスファルトシングル材屋根調査

守口市の工場屋根の雨漏り調査を行いました。こちらの屋根はアスファルトシングル材で葺かれています。経年劣化や風災で砂石が剥げ、アスファルト材が露出していたり、かがれ落ちて下地のルーフィングが露出しているところがたくさんありました。雨漏り箇所の...........

大東市和瓦屋根

施工前写真です。棟部分が経年劣化や震災の影響でズレを起こしていました。そこから少しずつ雨水が侵入して雨漏りの原因になっていました。

瓦桟を打ち、瓦を屋根に揚げて行きます。

先日からご紹介させて頂いている、大阪狭山市の屋根葺替工事の様子です。前回までは、瓦の解体、そして下地野地の工事までご紹介させて頂きましたが、今回はいよいよ新しい瓦葺の様子を紹介させて頂きます。前回までのブログはこちら!既存いぶし瓦の解体の様...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060