オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四條畷市 強風で棟板金が外れているので、他の部分も取り替えましたN様邸


工事のきっかけ

強風の際に、屋根のてっぺん部分に取り付けられている棟板金が外れていましたので、他の箇所の板金も取り替え工事を行いました。
外れた箇所以外にも板金を固定している鉄釘が浮いていましたので、いつ飛んでいくかわからない状態でした。

寝屋川市 棟板金交換

ビフォーアフター

before
棟の板金が剥がれています
horizontal
after
棟板金取り替え工事完成

工事基本情報

施工内容
棟板金交換
施工期間
1日
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工内容その他
築年数
21年
保証年数
工事費用
約16万円
建坪
22坪
ハウスメーカー
四條畷市で、棟(むね)の板金の取り替え工事を行いました。

強風等で棟板金が飛散するケースが増えます。人や物に当たるなど重大事故に繋がりかねません。

屋根の上は非常に危険ですので、専門業者に釘が浮いていないかなど点検してもらっておくと安心です。

強風で棟板金が飛散したケースはこちらのブログもご参考にしてください。
棟の板金が剥がれています
釘浮き
工事前の状態、板金が外れてズレています。他の箇所も板金を固定する釘が浮いていました。かなり危険な状態ですね。

N様邸の屋根は、方形屋根といい棟が1点から4方向に下っている形になります。詳しくは屋根形状をご覧ください。
既存棟板金解体工事
貫板解体
板金を取り外しまして、中の貫板(ぬきいた)も解体・撤去します。

貫板はかなり腐食していました。
割れている瓦を差し替えます
新しい貫板をビスで固定します
棟を解体しますと、際の瓦が割れているのを発見しましたので差し替えました。

※色が変わってしまうことはお客様よりご了承を得ております。

新しい貫板をビス止めでしっかりと取り付けていきます。この貫板に板金を固定していきます。
棟板金もビスで固定します
継手にコーキング
新しい棟板金はビスで固定していきますので、以前の鉄釘より丈夫に固定されています。

ガルバリウム鋼板ですので錆びにくく酸性雨にも対応できます。

板金の継ぎ手にはコーキングを塗り雨水の浸入も防ぎます。
棟板金取り替え工事完成
棟板金取り替え工事の完成です。

だんだんと温かくなり、梅雨も近づいてきますので、屋根点検やメンテナンスの時期はこちらをご参考にして見て下さい♪

早めのメンテナンスで被害も費用も軽減できます。無料点検しておりますのでお気軽にご利用ください。

街の屋根やさん 大阪門真店

【工事完了後】

棟板金取り替え工事完成
棟板金の取り替え工事完成です♪
工事前とは違いビスで固定しているのでしっかり取り付けていきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守口市 屋根の天辺、棟包み板金の取り替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
約31万円(足場費用省く)
施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

寝屋川市で和型瓦からリッジウェイに葺替えて屋根を軽量化されました。

和型屋根の葺替工事前
リッジウェイでの葺上工事完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
リッジウェイ
築年数
35年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
80万円(足場費込)
施工事例

寝屋川市 スレート屋根の棟包み板金取り替え工事を行いました

棟板金現状
完成写真
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

茨木市棟補修前

こちらは補修前の部分です。瓦もだいぶと飛散しそこに雨が降り、中の土も風化しなくなっていました。

棟包板金を留めつける貫板も朽ちてしまっています。

昨年の年末に行った工事ですが、寝屋川市の3階建でカラーベスト葺の住宅の屋根の棟包板金が飛散しており、一昨年の台風21号で飛散したと思われるのですが、下地木の貫板の朽ち方もひどいので、もしかしたらもっと前から飛散していた可能性があります。今回...........

①現調時 工事前

連絡をもらって屋根の状況を見させていただきました。写真のように棟板金の9割くらいが台風被害により飛散していました。その後も気づかずに放置されたために棟板金を固定するために打ち付けていたヌキ板も風雨にさらされ変色していました。放っておくと木が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060