オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

四條畷市 棟瓦が崩れていたので丸瓦で棟の取り替え工事を行いました


工事のきっかけ

棟瓦のズレや落下が原因で雨漏りしていたので棟瓦の取り替え工事を行いました。

四條畷市 棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
熨斗瓦が崩れてしまっています。
horizontal
after
7寸丸棟瓦を並べて完成

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し
施工期間
1日
使用材料
7寸丸瓦(釉薬瓦)
施工内容その他
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
四條畷市で、棟瓦(むねがわら)取り替え工事を行いました。

当初、雨漏りでお問い合わせをいただきました。屋根調査を行うと棟瓦がかなり崩れていて補修では困難だったため、半丸の大きな瓦を棟に被せる「丸伏せ工法」で棟瓦を取り替えていきます。
丸伏せ工法について詳しくはこちらのコラムをご覧ください。
熨斗瓦が崩れてしまっています。
棟のノシ瓦が崩れています。
熨斗瓦(のしがわら)が落下し瓦もガタガタにズレていました。土が丸見えの箇所もあるのでこれでは雨漏りしてしまいます。。ここまでくると棟瓦の取り替え工事を行わないと治すのは難しいです。瓦が1枚落下すると隣の瓦も連鎖反応でズレてきてしまいますので、悪化するまえに小さな不具合が出たらすぐに補修することがお住いを長持ちさせる秘訣です。
棟を解体します。
既存の棟瓦を解体します。解体すると土が出てくるのでそれも処分していきます。瓦も新しいものを使うので今まで使用していた瓦は撤去します。土嚢袋に詰めて処分していきますがこれだけでもかなりの重労働でございます。。
強力棟金具を打ち、垂木を打ち付けます。
棟際の瓦を新しく差し替えて調整していきます。
強力棟金具(きょうりょくむねかなぐ)という棟の土台となる金具を取り付けその上に垂木(たるき)を打ち付けます。
垂木になんばん漆喰を盛っていきます。
なんばん漆喰(しっくい)を盛ります。この上に7寸丸瓦を被せていきます。丸伏せ工法では土は使わずになんばん漆喰のみで仕上げていきます。
7寸丸棟瓦を並べて完成
7寸丸瓦を被せて先ほどの垂木に、ビスで固定して完成です。
平瓦は現在は廃盤になった塩焼き瓦という昔よく葺かれた瓦です。廃盤なので棟際の瓦は色がよく似た釉薬瓦を使用しています。塩焼き瓦の屋根で補修を行う際にはこの瓦を使っています。廃盤になった瓦でも類似品で差し替えたりすることもできるので、屋根専門の業者にご依頼してみることをお勧めいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
街の屋根やさん 大阪門真店 おすすめコラム

【工事完了後】

7寸丸棟瓦を留め付けて完成です。
7寸丸瓦で棟の取り替え工事が完成しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

30年経った和瓦屋根です。
7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
和型釉薬瓦
築年数
30年
建坪
15坪
保証
工事費用
25万円
施工事例

枚方市 雨漏りしている屋根の棟瓦取り替え工事を行いました

現状写真
完成写真
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
7寸丸瓦
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八尾市 うねっている棟瓦を丸伏せ工法で積み替え工事を行いました

八尾市 棟がうねってきています
八尾市 丸伏せ工法完成
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
釉薬瓦(7寸丸瓦)
築年数
建坪
保証
工事費用
約45万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四條畷市 MFシルキーの黒色で屋根カバー工事を行いました

工事前
カバー工法完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
福泉工業㈱ MFシルキー
築年数
25年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約73万円(足場込み)
施工事例

四條畷市 3階建ての一軒家で外壁塗装工事を行いました

塗装前
外壁塗装工事完了
工事内容
外壁塗装
足場
使用素材
築年数
25年
建坪
20坪
保証
工事費用
約70万円(足場込み)
施工事例

四条畷市 和瓦の屋根からアスファルトシングルリッジウェイに葺き替え工事

間違ったラバーロック工事
リッジウェイ葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
旭ファイバーグラスリッジウェイ(ヴィンテージグリーン)
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
約120万(足場込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

寝屋川市棟施工前

施工前の写真です。本来は、丸瓦が被さっているのですが震災や台風の影響で飛散してしまい中の土がむき出しの状態でした。土に雨が浸透し雨漏りの原因になります。

茨木市棟補修前

こちらは補修前の部分です。瓦もだいぶと飛散しそこに雨が降り、中の土も風化しなくなっていました。

塀の棟が崩れてしまっています。

守口市で一昨年の大阪北部地震の揺れで、塀自体が振られてしまい、塀の上の棟の瓦が崩れたりしたりした被害が多くみられました。このお客様のお宅も家の周囲をほとんど塀で囲われており、目板瓦という、普通の瓦のように波型形状ではなく真っすぐな直線的な意...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん大阪門真店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-198-060