守口市で和瓦屋根から軽量瓦・ROOGA雅に葺き替え工事を行いました


工事のきっかけ

数年前に補修工事をしましたお客様よりほかの個所で雨漏りしていますとお問い合わせを頂きました。

現場調査後、今後先々の事を考えまして、軽量瓦ROOGA雅で葺き替え工事をお見積もりを作成し、ご提案しましたところご契約いただきました。

守口市 屋根葺き替え,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
276cfe0c2394ca4c429ae811c2bdd9b4-before-overlay
horizontal
after
工事後ROOGA雅(高棟仕様)

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨漏り修理
施工期間
使用材料
ROOGA雅
施工内容その他
築年数
約30年
保証年数
約10年
工事費用
約150万円
建坪
約50~60坪
ハウスメーカー
既存瓦解体工事
まずは既存の瓦を解体撤去していきます。
解体した瓦と下の土は土嚢袋に入れて下へ運び処分いたします。
この日は風が吹いていなかったので良かったです。
風のある日はどうしても土が飛んでしまいますのでご近所様にはご迷惑をおかけしてしまいます
垂木で嵩上げ
下地工事に取り掛かります。
野地板の上に垂木(たるき)で補強していきます。
コンパネ貼り
構造用合板(12ミリ)を貼ります。
ゴムアスルーフィング貼り
ゴムアスルーフィングという防水シートを貼っていきます。
この防水シートが、雨水が建物に浸入していくのを防ぎます。
谷板金・瓦桟取り付け
谷部分に板金を取り付けていきます。
腐食しないようにプラスチック製の瓦桟を取り付けます。

雅一文字
ROOGA雅を軒先側から葺いていきます。
今回はお客様のご要望により、軒先(のきさき)を雅一文字仕様にしています。
軒先にこの瓦があることにより、高級感が出ます
釘で固定
一枚につき釘を3点打ちます。
本体のズレ防止と、突風による飛散防止です。
乾式自在面戸
自在面戸(めんど)を貼り付けます。
粘着でピタッとくっついていますので、剥離しませんし、水の浸入も防ぎます。
金属面戸
金属面戸を取り付けていきます。
棟(むね)も、お客様のご要望により高棟仕様にします!
標準仕様と、高棟仕様がございます。
鬼瓦をビス止め
棟の両端に鬼瓦を設置します。
しっかりとビス止めで固定します!
お色も、モダンブラック・モダンブラウン・モダングレー・モダンオレンジ・モダンレッド・モダンオークと、計6色ございますのでお選びいただけます

同じ工事を行った施工事例

施工事例

枚方市 青い瓦の屋根からカラーベストにリフォーム工事を行います

瓦現状
完成写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 築40年近い屋根をいぶし瓦で葺き替え工事を行いました

工事前(和型いぶし瓦)
和型いぶし瓦完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
和型瓦(いぶし瓦)
築年数
約40年
建坪
保証
5年
工事費用
施工事例

寝屋川市 U瓦からMFシルキーに葺き替え工事を行いました

工事前(U瓦)
MFシルキー葺き替え工事完成です
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
MFシルキー
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

守口市 棟板金の取り替え工事と瓦の差し替え工事を行いました

守口市 ナショナルアルデージュ
守口市 棟板金取り替え工事完成写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

守口市 凹んだ庇の板金を取り替える工事をご紹介致します

板金庇に凹みができてしまっています
板金庇施工完了全景
工事内容
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

守口市 瓦屋根をスレート屋根に葺き替え工事を行いました

守口市 塩焼き瓦屋根
守口市 葺き替え工事完成!!
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スレート瓦
築年数
建坪
保証
5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

守口市 屋根瓦解体処分工事

守口市で屋根の葺き替え工事を行いました。工事前は和瓦で葺かれていた屋根ですが、昨年の台風で瓦が崩れてしまっていました。補修工事を行っても今後先々の災害の事を考えると、この機会に葺き替え(ふきかえ)工事を行った方がランニングコストもお得なので...........

守口市 屋根調査をしていきます

昨年の台風21号の被害に遭われました守口市のお客様宅にお伺いいたしました。2階建ての1軒家で、瓦屋根で葺かれたお家です。はしごをかけて屋根の調査をしていきます。

門真市 入母屋の屋根調査

門真市の方より築年数も経ち、台風でさらに屋根が傷んでるため葺き替えの見積りを依頼したい、とお問い合わせをいただき調査に伺いました。屋根は入母屋の屋根でして、躯体への負荷や今後のことを考え軽量瓦に葺き替えしたいとのことでした。格式ある屋根形状...........